てきすとぽいトップページへ
突撃! 隣のプロットコンテスト
 1  3  4 «〔 作品5 〕» 6  13 
鱗茎のエリシオン(仮)
 投稿時刻 : 2013.11.24 10:26 最終更新 : 2013.12.01 22:29
 字数 : 4214
5
投票しない
更新履歴
- 2013.12.01 22:29:59
- 2013.12.01 22:18:35
- 2013.11.24 11:51:05
- 2013.11.24 11:11:38
- 2013.11.24 10:26:41
鱗茎のエリシオン(仮)
雨之森散策


*更に補足・修正しました。

テー
【大叔父】をキーワードにSFを書こう。後は出たとこ勝負。
 タイトル【鱗茎のエリシオン(仮)】
 鱗茎は球根や地下茎のこと。エリシオンはギリシ神話の楽園エリシオンから。
 地下深い揺籃の中にしか楽園はないみたいなイメージで暗いホームドラマみたいなものを。
(鱗茎は○茎みたいなんで変えてもええかも。暗くて花が咲かなさそうな単語ないかな)

登場人物

主人公
 十代後半の少年。補給部隊の兵補。ジンパー*である【ルーツ】に対して複雑な感情を抱く

ヒロイン
 主人公と同い年の幼馴染み スラム地区にひとりで住む 要らない←やぱ要る 

ルーツ(仮)
 主人公の大叔父で伝説的なジンパー
百歳を超える高齢で地球(地上)を知ている数少ない人物 見た目は若い。

艦長
 主人公の住む船の長で政庁のトプ。初代から数えて数代目。


 主人公の兄。幼い主人公を守り育てた。

舞台
 百年以上に渡り閉鎖され続けた密閉空間。宇宙や海底、地下など
とにかく外は死の世界で簡単に出る事などできない 。あ、宇宙がいい!宇宙だ!
 民間人メインの移民船というより輸送艦隊がいいかも。
 コールドスリープが利用される程度に科学は発展しているが万能ではない感じ。

環境
 閉鎖された環境の中での固定された社会。
 物資には限りがあり、生産数が少ないからきと格差も生まれているだろう。
 普段活動している人間は少ない。
 結婚や出産まで管理されていて子供の数も少ない。少数精鋭が理想。
 有為の人材が必要とされ、それ以外の人間に対しては厳しい社会制度。同調圧力。

ブリジ・艦橋
 艦の操舵室のあるブリジ、そのままコミニテの政庁を指す。
一番の偉いさんは艦長。さらに艦隊司令なんかもいるのかも。登場しない。
 艦隊の目的は地球と連絡をとり故郷に還る事。ヤマト。周囲に人が住める星系はない。

コールドスリーピング
 この世界の冷凍睡眠は一般に歓迎されていない、という設定。
冷凍睡眠に成功しても覚醒時に後遺症が残る可能性が高い
(よう分からんが長期間の冷凍によて重大な臓器や血管が損傷するとかどうとか)、
なので冷凍睡眠は一部の重要任務を除けば大体が口減らし。
(故障か、資源不足が原因か。昔は正常に稼働していた)
一度ポドに放り込まれたら半分以上の人間は目覚める事なく死亡するため棄民装置として利用されている。ルーツの使てきたポドとは別物
(はてランニングコストはどうなんだろう。雑居型ポドとかあるのか)

ンパー
 冷凍睡眠を数度に渡り繰り返し、更に生還してきた人間はジンパーと呼ばれるかなり稀な存在。
 換えの効かない能力を有する人間。どれも任務上での冷凍睡眠なので棄民とは別。
登場人物のルーツ(仮)はその中でも存命中最高齢のジンパー

物語の大まかな流れ

公園
 西暦何年の何月何日なのかも分からない、ある未来の昼下がり
 人工的に再現された芝生の上で寝そべる主人公へルーツが赤いレーンを手渡す。
 口をつけたが即座に吐き出す主人公。芝の葉が赤い液体を弾く。
 まずい。
 まずくて当たり前だ。お前たちには理解できん味だよ。笑うルーツ。
 トマトという失われた食物。味を似せて復元したというそのトマト味のレーンを有難がるジンパーは多い。ルーツもそのうちの一人。
 地球の話を少し。ぎこちない挨拶のあとルーツは公園地区を去る。多くの人々から声をかけられるルーツを見送りながらひとり残された主人公。レーンをすするがやはりまずい。
 ルーツと主人公の間には七十年の時間の隔たりがある。実年齢は百歳を超えるルーツだが良い人間だと思う。だが彼と親しくする事に抵抗が拭えない主人公。ルーツとの会話を振り返り、自己嫌悪に浸る。*

公園を散策しながら主人公周辺の大まかな説明。
 青い空も緑の芝生も全部本物じない。主人公たちが居住する巨大艦船(ここでは漂流の事はなるべくぼかす)コールドスリープとジンパー、ブリジについて。
 補給兵補として任官しており身分保障されてはいるものの、主人公の毎日は平凡で兵士としての仕事は単純。訓練と物資のチクばかり。実戦(といても小惑星接近とか)などはここ二十年はなく公園地区でひなたぼこすら許されるような緩みきた世界。本物じない白い雲の下を電子化された紙飛行機が飛んでゆく。

数日後・自宅
 艦内放送で艦隊の新しい進路座標が決定した事を知る主人公。艦隊は百年以上の長い漂流の只中にある。放送内では祝賀ムードが漂ている。しかし主人公には関わりがない話。どうせ自分が生きている内には故郷へは帰れない。どうでもいい。
 端末にヒロインからのメール。そこからかつての貧しい生活を回想に入る。
 スラム地区で育たヒロインとのエピソード。短めになるべく簡素に。
 幼い頃は冷凍睡眠コース一直線だと思われていた。だがそれも悪くはないと思ていた。端末のフイルを開くと一枚の写真が浮かび上がる。幼友達やヒロイン、そして兄が映た写真だた。兄の存在はいつも主人公を孤独から救てくれた。だが彼はもういない。*

食堂
 ヒロインと主人公で遅い昼食を摂る。
 ルーツがくれたトマトのレーンをヒロインに渡す。その流れでルーツについても話す。ルーツは主人公の大叔父で再高齢のジンパーとして人々から尊敬と期待を集めている人物。彼がなぜ命がけのコールドスリープを繰り返すのか、そして何度もそれに成功し続けるのかは誰もが知ている。しかし傍流ながら彼の最後の一族である主人公はルーツの家族であるというおかげでいくつかの特典(住居や仕事の獲得やコールドスリーピングの免除)などをブリジから受けている。
 ヒロインが艦内放送の話を振るがそれには答えず彼女の近況を聞く。わたしは何も。
 両親を亡くした今も主人公が幼い頃住んでいた地区にひとりで住んでいるヒロイン。十年前、幼いころのある約束を思い出す。
 十年前にルーツが目覚めて彼の家族となた時に「いつか迎えにいく」とヒロインに約束した。だがそれは果たせていない。
 気まずくなり一旦会話が途切れる。懐かしい味がする、と呟くヒロイン。トマトなんて食べたことないのに。
 突如主人公の端末へブリジから呼び出しが入り食事の時間は終わる。ブリジから直接の連絡など前例にないため、にわかに戦慄する主人公。送り出すヒロイン。主人公が去た後にヒロインの端末にメールが着信する。

艦橋・救護室
 救護室にいたのは消耗しきたルーツだた。その場は医師とブリジににいた医師の説明では今は命に別状ないがいずれ重篤な発作が現れるだろうと語る。立ちすくむ主人公。やがて、死ぬんですか?と零す。
 ただ一人の貴重な才能だ、死なせない。そう力強く答えたのは艦長。
 ルーツは人類のコンパスだ。彼が死ねば我々が迷う事になる。*死なせはしない。
 熱弁と裏腹に心が冷えてゆく。
 また子孫の心臓や血管や内蔵をもらて生きていくのか。兄の心臓を奪たように、今度は俺の子供や孫の命を吸て生きてゆくんですか。
 だが人類のためには必要な犠牲だ。それに君の兄は片足が不自由だた。役立たずは必要ない。冷徹に言い放つ艦長。更に続く
 ルーツに新しい任務が与えられた。次の時代へとジンプする。恐らく次が最後の旅になるだろう、という話。(君や君の子供や孫にルーツのような力が目覚めれば話は別だがね、というセリフ)
 くそたれ。そうは言えない主人公。ヒロインとは遺伝子のマチングが悪く、ルーツの臓器に適合する子孫は作れないという話。幼い頃に何度も聞いた。
 ルーツは眼を醒まさない。最後に艦長が一つのしらせを主人公に伝える。


 主人公は幼い頃暮らした地区へ。ヒロインの住まいを尋ねる。
 ヒロインの姿は現れない。端末を使いヒロインを呼び出すも応答がない。ドアの前にしがみ込み端末を鳴らし続ける。

同時刻・救護室(ルーツの視点)
 昏睡から目覚めたルーツ。救護室のベドから起き上がると、主人公とヒロインの運命を悟る。
(暗に憎悪や諦めのようなものを匂わせる描写、暗い目、船窓に映る顔。心情は吐露させない方がいい)

同時刻・ヒロインの住まい
 端末に応答。無理して作た声。
 ヒロインはブリジからコールドスリープのポドへ入るよう命令が下されていた。親もいないヒロインにはそれを拒む権利はない。それでいい。
 主人公、一緒に船から脱出しようと提案。補給兵補だから、食料はなんとかなるかもしれない。ヒロインそれを断る。
 そんな夢は見たくない。せめていい夢を見たい。パパやママと一緒に地球でトマトを食べる夢。

さらに数日後
終わりへ
 ルーツ、最後のジンプのためにコールドスリープへ。主人公とふたりきりで話す時間が与えられる。
 ヒロインの末路を知ているルーツ。沈黙。
 お前の考えはわかている。いずれお前の願いはかなう。ポドへと入るルーツ。
 ルーツが眠りに入る最後の時。
 いつか俺はあんたを許す、とつぶやく。だが――声にならない。
 ルーツはきと全部わかている。
 宇宙空間。アステロイドベルト。

 終

*ルーツについて補足
 超能力者、あたりが妥当か。予知能力や超人的な危機感知能力。テレパスではない。
 スペアの効かない存在なのでブリジの判断で百年以上も子孫の臓器を移植され生かされてきた。
 主人公がいつかルーツの能力に覚醒する事を予知している。絶望的な予知もしているが誰も知らない。
(地球には帰れない、そもそも地球なんてなかた、など)
それでも人々に希望を与えるために生き続けるような。しかし子孫を殺して生かされ続ける事に疲れてもいる。

*主人公について補足
 兄の臓器を奪い間接的に殺したルーツや命令を下したブリジの首脳たちを憎悪し、ルーツの一族である事からスラムから救われ身分を与えられている。
 更にルーツを生かすために臓器が適合する子孫を残す義務を背負わされている事で自己否定的かつ破滅的な一面が強くなている。  


 遠い未来の迷子艦隊の中の話だけど郷愁があるからか多分どこか二十世紀的なあるいは二十一世紀的な趣きのある住宅街とか食堂街とかになているのかもなあ。という手抜き。
 

 雑ですいません。設計図という意味あいよりもどちらかと言うとあらすじのように書くことが多いです、プロト。SF的デテールがおざなりというか手付かずですが、SFなんて書いたことないので。
大体計画通りに書かない方が面白くなるみたいなので詰め過ぎない方が個人的にはうまくいくようです。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない