てきすとぽいトップページへ
第12回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・白〉
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9  14 
メニカ
 投稿時刻 : 2013.12.14 23:43
 字数 : 2094
5
投票しない
メニカ
犬子蓮木


   1

 夜。
 たすけてくれ、と目の前の人がいた。
 その言葉は聞いた。だけど無視した。
 古びた木の杖の先から、光を発し、目の前の人間を照す。影が伸びて路地裏の壁に高く広がた。そしてだんだんとその影が短くなていく。光が弱くなたわけではない。目の前の彼が、ゆくりと光の取り込まれて消えていたのだ。
 わたしは魔法使い。
 蒸気技術が栄えた今ではもう少なくなてしまた魔の者の末裔だた。数が減たということは仕事にありつける可能性が高いということである。仕事さえ減らなければの話だが、仕事の減る心配は当分しなくてよさそうだた。
 だて、世の人間は、人間を憎むようにできているのだから。


   3

 雪が降てきた。こういう日はできるだけ早く帰りたくなる。寒いわけではない。魔法を使えば、じぶんの周りの気温ぐらいは自由に調節できる。ただ、家で眠ているジカが心配だたのだ。
 風邪をひいたりはしないだろうか。
 家を出たとき見た感じでは、布団をしかり被ていてすやすや寝息をたてていた。たぶん、心配のしすぎなんだろう。なんだから笑えてくる。
 じぶんの子供でもなんでもない、ただ偶然引き取ただけの男の子に、どうしてこのわたしがそんなになてしまたのかはわからない。
 きとジカだけが使える魔法なんだろう、なんてやぱりわたしらしくないことを考えてしまう。
 さあ、今日も仕事をしよう。
 ジカを育てるにもお金がいる。
 今日のタートは決まていた。ある家の娘。親が誰かに恨まれていて、それでわたしのところに依頼があた。かわいそうだけど、消えてもらうしかない。
 かわいそうだけど……。生きる為に他の生物を殺すことは許されている。法ではなく、世の在り方として。
 タートの家の少し前で姿を消した。それからゆくりと近づいて門を開ける。部屋の場所はわかていた。壁に穴をあけて、彼女の部屋へと入る。
 少女が寝ていた。
 年齢は十歳。ジカと同い年だ。
 すやすやと寝息をたてていて、きと親からしてみればものすごくかわいいのだろうな、というのがわかる。以前はわからなかたが、ジカと過ごしたこの一年ぐらいで、それがわかるようになた。
 だけど、わかるだけだ。
 持ていた杖に力を込める。
 杖の先が光、その光が少女を包み込む。この光が外にもれることだけが心配だ。さらに上から魔法をかけることで消すこともできるけれど、そこまで考えるのはめんどうだた。
 まあ、すぐに終わる。
 ちとぐらい噂が広まても問題はないだろう。
 光をとめる。
 かわいらしく寝ていた少女はもうこの世には存在しない。否、姿だけは残しておいた。さきほどと同じように目を瞑ているが、動きはもう、なにもない。
 肉体を消さなかたのはサービスだ。
 それぐらいはこの子の親に残しておいてあげてもいいだろう、と思た。不思議なことだ、と思う。今まではそんなことを考えたこともなかたのにね。
「ごめんね、殺しちて」
 わたしは女の子の頬を撫でた。それから手を上にあげて、体をのばす。
 さあて、帰るとしようか。
 あ、壁は戻しておかなく


   5

 家に帰たら、ベドの中でジカが青ざめて震えていた。どうしたのだろう。魔法で火を出してあげたけど、それだけで大丈夫なようにはならなかたので、ジカの部屋から暖炉のある部屋へ連れて行た。
 暖かい山羊の乳をコプにいれて、少し砂糖をまぜてからジカに渡した。
「大丈夫?」
……うん」ジカが力なく答える。
「悪い夢でも見た?」
「ううん……
「寒かたからね、調子悪くなたかな。そうだ、雪が降てるよ。朝になて元気になたら遊ぼうか」
「知てる……
 なんで知ているのだろう。ずと寝ていたら、気付かないはずだ。途中で起きて窓の外を見た? この部屋に来るまでの廊下には窓はないし、この部屋のカーテンはしめている。
「僕、メニカの仕事を見ちたんだ」


   7

 どうやらジカはわたしが人を殺すところを見てしまたらしい。
 説明をして、少しだけ落ち着かせてから部屋まで連れて行て眠らせた。
 さて、どうしよう。
 こういたことを解決できる魔法は存在しない。存在しないから、魔法使いは迫害されてきた。
 人間と魔法使いは価値観が違う。生きる為に肉を食う人間は多いが、生きる為に人を殺すことを良しとする人間は少ない。魔法使いはそこに境を作らないのだけど。
 カーテンをあけると雪がつもていた。
 やわらなくて暖かそうだ。
 だけどさわると冷たいということも知ている。
 難儀な世の中だよ、またく。
 見ている思ていることと経験の違い。意識と価値観と生き方の違い。個人差、種族差に性差。違いばかりで軋轢と混乱と争いが生まれる。
 そんな諍いから仕事をもらている身だけど、もう少し平和でもいいよな、と思う。
 じぶんの周りぐらいは。
 だけど、そんな違いをおもしろいと思うじぶんもいることは確かだた。
 そうでなければ、魔法使いでもない人間の子供なんてひきとたりはしない。
 ねえ、ジカ。
 わたしは魔法をひとつ唱えた。
 なんてことはない、子供が元気になるおまじないを、ひとつだけ。
 たたそれだけをして、眠ることにした。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない