てきすとぽいトップページへ
短歌小説コンペ
 1  9  10 «〔 作品11 〕» 12  14 
空の有様
 投稿時刻 : 2014.02.16 21:14
 字数 : 102
5
投票しない
空の有様
ひこ・ひこたろう


おはようの声にひとたび頷いて 君の見つめる空の有様
僕ならば諦めていたこの距離を 駆けてここまで追いついた君
用件を伝えたあとでいつの間に 短く終わる二人の電話
これだけの思い出ばかり残るとは あの時僕が見過ごした種子
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない