てきすとぽいトップページへ
短歌小説コンペ
 1  10  11 «〔 作品12 〕» 13 
秋月抄
大沢愛
 投稿時刻 : 2014.02.16 21:36 最終更新 : 2014.02.16 22:10
 字数 : 139
5
投票しない
更新履歴
- 2014.02.16 22:10:14
- 2014.02.16 21:36:33
秋月抄
大沢愛


暮れなづむ 苅田の野辺に 立つ庵(いほ)の

灯影(ほかげ)さやけき 夕餉(ゆふけ)の刻に

(男) 十年(ととせ)経て 今宵限りに いでゆかむ

   一期の縁(えにし) 思ひ果つるも

(女) 夕されば 暮れにし惑ふ 秋草の

   絶へて思ひは 尽きせぬものを

庵を出で 野辺の彼方へ まろびいづ

かへりみすれば 十六夜(いさよひ)の月

   
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない