てきすとぽいトップページへ
短歌小説コンペ
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5  14 
田島春、タージマハルを訪れる
 投稿時刻 : 2014.02.09 18:14 最終更新 : 2014.02.09 20:00
 字数 : 467
5
投票しない
更新履歴
- 2014.02.09 20:00:48
- 2014.02.09 18:14:28
田島春、タージマハルを訪れる
しゃん@にゃん革


かのじは すこし考え 名をつげた。

私の名前は 田島春です。

旅行の 手配よろしこ れつらごー

そう言いながら にかりスマイル。

人生初 海の向こうへ ひとりたび。

仕事を辞めて 羽を伸ばすの。

バリ島で サーン三昧 うれしいな。

エステだてするし 極楽よーん。

 
それなのに なんだかすごく 嫌な予感。

バリ島てさ こんなんだけ?

海がない やたらと広い ここはどこ?

カレーの匂いが ぷんぷんするの。


ねえ、あなた あの巨大な 建物は……

白でデカイ あれはナンなの?

 
あれですか? 田島春です すごいでし

親指立てて さらと言うけど。

ち、ちと どうしてあなた 知ているの?

私の名前 教えてないよ。 


はーいはい あれ、田島春 世界遺産

ナマステインド よく来ましたね♪
 

い、い、いやあ こわいよキモイ 帰りたい。

個人情報が ダダ漏れじん。


ちの人 こちの人まで 呼んでいる。

田島春とかて みんな呼んでいる。


たじまはる きれいだよねえ ワンダホー

美しすぎよ たじまはる


いやあああ ホントのことを 言わないで。

だけども、もと 褒めていいのよ。


バリ島て 思たよりも いいとこね。

道が見えたわ 私、ここに住む!
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない