てきすとぽいトップページへ
第17回 てきすとぽい杯〈GW特別編〉
 1  31  32 «〔 作品33 〕» 34  49 
The Friendly Ghost
 投稿時刻 : 2014.05.05 23:42 最終更新 : 2014.05.05 23:44
 字数 : 2016
5
投票しない
更新履歴
- 2014.05.05 23:44:38
- 2014.05.05 23:44:17
- 2014.05.05 23:43:54
- 2014.05.05 23:42:19
The Friendly Ghost
゚.+° ゚+.゚ *+:。.。 。.


 タケルの一家が、この辺じ「お化け屋敷」なんて呼ばれたりもしてた、ずと空き家だた古い洋館に引越してきたときのことをよく覚えている。アメリカ帰りなんだて大人たちが噂してそわそわしてたから。今思うと、興味半分、羨望半分て感じのテンシンだたんだと思う。私は最初アメリカがどんな場所か知らなかたんだけど、タケルが全然流行の歌とかアニメのことを知らなかたから、どうもずいぶんと遠いところから来たらしいてことだけはわかた。
 タケルは日本のアニメは知らなかたけど、アメリカから持ち帰たものを少し持てた。日本ではまだ手に入りにくいデズニーのグズとか、ローラースケートとか、アメリカで放送されてるアニメのビデオとかだ。タケルは小学校3年の4月の、丁度クラス替えのタイミングで転校してきたんだけど、どうもその海外帰りだていう立場の微妙さがあたのか、友達作りの波に出遅れて、いつも独りぼちだた。だから、私は気を使て毎日遊んであげてた。
 今思うとその子供向け映画は別に彼のお気に入りでもなかたのかもしれないけど、一度興味本位で「見せて」と言て見せてもらてから、私はすかり好きになてしまたのだた。
 筋書きはこうだ。
 幽霊屋敷と呼ばれているある空き家がある。そこに、大金が眠ているという噂を聞きつけてやてきた強欲な男女と、幽霊研究家の親子がやてくる。屋敷にはいたずら子の幽霊が3人と、心優しい幽霊が1人いて、いたずら子3人はその招かれざる客を4人とも追い出そうとするのだけれども、心優しい幽霊は研究家の娘が好きになてしまて、色々とトラブルはあるけれど、最終的にオトモダチになる。ラストのシーンで、一時的に心優しい幽霊が人間の姿を借りて、ホームパーで女の子と一緒に踊るのだ。そのシーンが、ロマンテクで大好きだたのだ。
 アメリカのビデオだから字幕がついていなくて、大まかなストーリーはタケルに解説してもらて理解した。
「ねえねえ、あの映画みたい、つけてよ」
 高校から帰てきたばかりのタケルにそう言うと、あからさまにうんざりとした顔をされた。
「またかよ、お前ほんと飽きないな」
「だてあれ好きなんだもん。最近はやてるちらい日本のドラマより面白いもん」
「どうだか」
 そう言いながらビデオだけ再生してくれたけど、タケルは私と一緒に見てはくれなかた。イヤホンをして別の音楽を聴きながら、宿題をしている。帰てきてすぐ宿題なんて、なんて優等生!
 邪魔をしないように静かに映画を見た。
 幽霊研究家の娘は、幽霊屋敷に引越してきたから転校生だ。友達がなかなかできなくて、ホームパーでも独りぼち。そこに、颯爽と人間になた幽霊くんが現れて、会場の視線をかさらう。幽霊くんは後姿しか映らないのだけど、周りの反応から、彼が恐らくハンサムでびくりされているのだというのがわかるのだ。
「ねえ、このシーン、いいよね、私、大好き。どうしてタケルはこの映画そんなに好きじないの」
 宿題と明日の予習が一段落ついたらしいタケルに、私は聞いた。タケルはヘドフンを外してこちらに向き直ると、何も言わずにじと見つめてくる。むくんだにきび面に、眉間に皺、垢抜けない感じの制服の着こなし。友達が相変わらずいないのは知てる。彼女なんて夢のまた夢だろう。映画の女の子を演じてた子役の娘は可愛かたけど、それ以外の点で、タケルと彼女の立場はよく似ている。
「見てて嫌にならない?」
 真面目な顔で、タケルは聞いてきた。意味がわからなくて、私は首を傾げる。タケルは少し考えるそぶりを見せた後、言た。
「キトはいつか大きくなて大人になるけど、キスパーはずと子供の幽霊のままなんだよ」
「それが?」
「俺たちみたいじん」
 私は黙て、しばらくタケルが言た言葉の意味を考えてみた。
「タケルがキトで、私がキスパーなの?」
 タケルが頷いた。
「でも私、仮に人間の姿になる力を手に入れても、合コンでぼちになてるタケルを助けにはいかないよ?」
「それは別に良いんだけど……
 タケルは、小さくため息をついた。
「いつか別れなきいけないと思たら、一緒にいるのが辛くならないか?」
 私は困た顔で首を振た。この土地に住んでどれだけの時間が経たのだろう。幾千の出会いと別れがあたし、それは私の宿命なので、特に悲しいとか辛いとか思たことはなかた。タケルの気持ちがよくわからなかた。でも、私と一緒にいるのは気分がよくないことなのだろうか。
「ごめん、なんかよくわかんないけど、私、タケルの目の前にもう現れないほうがいいのかな?」
「それは――……
 哀しげに目を伏せたタケルを見て、そうか、そうなのかて思た。
「ごめんね、私、人間の気持ち、わかんないからさ。もう、タケルの前には姿見せないね」
 それだけ言うと、私はふとその場を後にした。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない