てきすとぽいトップページへ
第17回 てきすとぽい杯〈GW特別編〉
 1  7  8 «〔 作品9 〕» 10  49 
幽霊船
 投稿時刻 : 2014.05.03 23:30 最終更新 : 2014.05.06 23:41
 字数 : 2570
5
投票しない
目次
1. (1)
2. (2)
3. (3)
全ページ一括表示
更新履歴
- 2014.05.06 23:41:30
- 2014.05.06 23:36:10
- 2014.05.06 23:35:52
- 2014.05.06 23:35:10
- 2014.05.05 23:44:01
- 2014.05.05 23:41:45
- 2014.05.05 23:40:19
- 2014.05.05 23:39:52
- 2014.05.03 23:40:30
- 2014.05.03 23:30:25
1 / 3
幽霊船
小伏史央


(1)

 R-667Dはクオリアを有するアンドロイドである。彼は宇宙船を独りで操縦していた。
 すると、彼は寂れた宇宙船の死骸を見つけた。その船はまるで幽霊屋敷のように、宇宙塵にまぎれて存在感をなくしている。彼がこの船を発見したのも、偶然によるものだた。
 彼はめぼしいものがあれば回収、または通達することを主人に言い渡されている。見た目は不気味で、寂れているが、大きさはなかなかのものだた。なにか掘り出し物があるかもしれない。

 迷てしまた。船のなかは妨害電波が駆け巡ており、彼は自身のクオリアだけをもとにして船内を進むより仕方なかたのだ。
 兄弟たちに救援信号を送てみるも、彼らにちんと届くかはわからなかた。

 どれくらい歩いただろう。出口はもちろん、金になるものもひとつ見つからない。
 しかし幽霊は見つかた。男の子の幽霊だ。
 幽霊とは、人間の恐怖や不安などのクオリアが大脳皮質と結合してもたらされる現象のことだ。幽霊はときに人間のクオリアに干渉することで対象を傷付けることができる。ここはおとなしくしていたほうがいいだろう。彼は幽霊を視界から外すよう努力して歩いた。

 そしてなにごともなく素通りする。さらに出口がみつかた。
 なんだやはりは単なる幽霊屋敷か。収穫はなかたが、主人や兄弟たちへの土産話にはなるだろう。
 彼は出口に停まらせていた、自分が乗てきた船にのりこむ。
 船は寂れて、稼働しなかた。
続きを読む »
« 読み返す