てきすとぽいトップページへ
【BNSK】月末品評会 in てきすとぽい season 3
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5  11 
一本杉
茶屋
 投稿時刻 : 2014.05.26 20:40
 字数 : 2508
5
投票しない
一本杉
茶屋


 俺の部屋には窓が二つあて、一つは南側、もう一つは西側についてる。南側は昼間は大抵カーテンを開けておくんだけど、西側のカーテンはなるべく開けないようにしてる。西日がきついていうのもあるんだけど、開けるとどうしても一本杉が見えちて嫌なことを思い出しちうから。特に夕方の真赤な夕日を背にした一本杉を見ると今でも震えが止まらなくなうから。

 俺の家の西側はだいぶ遠くまで田んぼが広がてて、山のすそ野にある町まで何も遮るものがない。一面の緑の意外は電柱と道路、時々農作業のトラクターとかコンバインが見えるくらいで何の面白みもない。けれどその中でひと一本だけたた杉の木が異様に目立つ。その杉は痩せた木で今にも枯れそうな雰囲気なのに台風で大きく揺れても折れる気配はない。まるでミイラかゾンビみたいな木だ。何度かその近辺を通り過ぎた事もあたけど、そこだけ異様な空気が流れていてどろとした冷たい何かに触れられるような感覚を通るたびに感じた。杉の木の下には今にも朽ち果てそうな小さな祠があるんだけどその戸は南京錠で閉められていて何を祀ているのかはわからなかた。
 何なのかよくわからない一本杉についてはかすかながら噂もあた。あの杉を切ろうとしたものは呪われて死んだだとか、配下に裏切られた戦国武将の首がその下に埋まていて今でも幽霊になて現れるだとか、あるいはあそこでは何人も首を吊ているのだとか。確かにあの杉には奇妙に一本だけ横に突き出した枝があて、高さとしても首を吊るのにちうど良さそうだからそんな連想が生まれたのかもしれない。
 そんな噂が立ていた当時、俺は高校生で、それなりにそういうオカルト的な話が好きだた。友人と夜中に集まて駄弁たりしていると夏なんかには自然と怪談話のほうに話が行たものだ。そんなある日友人のAが、肝試しに行こうなんて言い出した。その時は俺とA、Bの三人で未成年ながらアルコール修行に励んでいて、変にテンシンの上がた俺たちは善は急げとばかりにチリに乗て一本杉に向かたのである。茹だるような暑い夜だたが、その暑さも一本杉に近づくに従いすと引いていた。その代わり粘着質のある嫌な冷えのようなものが包み込んでくる。当時は自転車で風を切て走たから汗が冷えたのだろうぐらいにしか思わなかた。やけに静かで蝉も鳴いていなかたように思う。街灯などないのだが、月明かりがあたのである程度のシルエトでAとBを識別することはできた。嫌な感覚と月明かりに立つ巨大な一本杉のシルエトは不気味さがあたものの結局はそれだけ。肝試しとは言ても盛り上がるものは何もない。AとBで脅かし合たりしてみて少しははしいでみたもののすぐに飽きる。Aが言い出した時点で誰も想定していなかたのが不思議なくらい何もない。俺が、帰ろかと言いかけた時、Bがある提案をした。
「祠、開けてみようぜ」
 祠とはあの南京錠で閉じられた祠のことだ。
「お、いいねー
 俺は物を壊すという行為が犯罪ではないかという事が頭によぎり正直あまり賛同したくはなかたけれど、怖気づいたと思われるのが嫌だたから黙ていることにした。
「あ」
 拍子抜けしたようなBの声とともに南京錠はいとも簡単に外れた。南京錠が開いたというよりは南京錠が嵌ていた金具ごととれたのだ。
「御開帳ー
 ぎという軋むような音とともに扉が開かれる。暗くてよく見えなかたので三人とも目を凝らして覗き込んだ。
「げ
 Aが小さく悲鳴を上げて飛び退くと俺たちもつられて飛びのいた。
「なんだよ!」
「蛇じん!」
「は?」
「中身!蛇!」
 祠の中身が蛇だとAが主張するのでBは再び祠を覗き込むとおもむろに手を突込んだ。そして何やら細長いものを取り出す。
「縄じん。これ」
「縄?」
 確かにそれは蛇ではなくて縄だた。思わず笑いがこみあげてくる。さきのAの動作はネタにできると思たのだ。
「縄……?そか、貸してみて……
 AはそういうとBから縄を受け取て何やら検分している様子だた。
「でもなんで縄なんか祀てんだ?」
「泥棒が盗んで置いてたんじね?なんか適当に代わりのものて感じで」
「でも変な形だな、何つうかカウボーイとかが持てるやつ」
「投げ輪だけ?あとは首吊りの……
 Bと縄があた理由について話している間、Aは縄を投げるような動作をして、それが枝に引かかると幹に縄を巻き始めた。
 そして徐に幹を登り始めたかと思うと、縄の輪の中に首を通してぶら下がた。
 ぎという不気味な音が響き、俺たちは唖然とした。
 Bが首を吊た。
「やばい!くそ!何やてんだ」
「持ち上げるぞ!」
 俺たちは胴体を持ち上げて息ができるようにしようとしたが、じたばた暴れてどうにもならなかた。
「くそ落ち着けB!」
「落ち着いてられかよ!」
「え?」
 Bの声が横からした?下にいる?じあ首を吊たのは?
「しかりしろA!」
「ああもう畜生救急車呼ぶか!?」
 Aの声も聞こえる。
「おいちと待てよ……
「あ?待つて」
「A、B」
「おう!」「何だよ!」
「首吊てんの誰だよ」
 
 その瞬間、何もかもが止また。もがいていた首吊りも急にピタリと止また。
 俺たちは恐る恐る上を見上げる。
 ほとんど影しか見えないはずなのにやけにくきりと見える。白い眼が二つ見開かれ、こちらをじと見ている。
 ぬちと音がして口が開かれるのが分かた。
 アア゛アア゛ア゛ア゛アアと不気味な音がそいつの喉から鳴り響く。
 俺たちは走て逃げようとしたのだが、いつの間にか縄が足に絡みついている。
 終わた。お仕舞だ。

 そう思た瞬間、光が目を覆た。
「危ないところだたな」
 変なヘルメトをかぶた人たちが大勢やてきて、首吊りに向かて光線銃を撃ている。
 ああ、助かた、と俺は思う。
 彼らが来てくれたんだ。
 通称、ONE。正式名称はO-おばけ-N-なんか-E-Execute!。
 政府が設立した対心霊現象特別部隊だ。
 もう安心だ。幽霊は見事に爆発している。
 こうして俺は助かた。
 ちなみにAとBは爆発に巻き込まれて死んだ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない