てきすとぽいトップページへ
一発逆転! 上半期ベストを狙え! 愛のいじり小説大賞
〔 作品1 〕» 2 
シャン氏はぷっと笑う
茶屋
 投稿時刻 : 2014.05.23 21:59 最終更新 : 2014.05.31 19:56
 字数 : 2274
5
投票しない
更新履歴
- 2014.05.31 19:56:30
- 2014.05.29 21:06:18
- 2014.05.23 21:59:43
シャン氏はぷっと笑う
茶屋


 このお話はもちろん虚構だ。だから実在のシン氏やその他の人物、団体とは一切関係がない。けれども世の中のだいたいは虚構で出来上がてるものだと僕は思ているし、虚構と現実の違いが僕にはよくわからない。

 シン氏と初めて出会たのは小学校から下校途中だたか、出張先へ向かう新幹線の中だたか、あるいは夢遊病の果てにたどり着いた深夜の公園かもしれない。最初の出会いの可能性はいろいろあるけれど一番可能性が高いのが大学時代に東南アジアへ旅行へ行たときだろうと思う。その当時も方向音痴だた僕は手持ちの地図と路上の看板に貼られた地図を照らし合わせながら首を傾けたり唸たりしていた。
「どうかしたのかにあ」
 そんな風に変な語尾で話しかけてきたのがシン氏だ。その変な語尾のせいでそれが日本語だと認識できなかた僕は思わず片言の英語で返事をしてしまて、しばらく意思の疎通がうまくいかなかた。
「やぱり掲示板が足りないんじいかな」
 ようやく相手の言語が日本語だという事に気づいて、相手の顔を見る。確かに日本人だといわれてみれば日本人だし、じあ言われなかたら日本人じないのかと言われると首を捻る。日本人にも現地人にもいそうな気がするし、そもそも僕が日本人と現地人を日焼けの差ぐらいでしか区別がついてない可能性も大いにありうる。じあシン氏はどんな顔なのかと問われると僕も大いに困てしまうのだけれど、だいたい右のような顔だたと思う。(●w●)/
「掲示板ですか?」
「うん、掲示板」
「はあ」
 確かに目の前にあるのは看板で地図が貼られているので掲示板と言えなくもない。
 けれども僕が道に迷たのは方向音痴のせいであて、掲示板が足りないからではない。
「やぱり掲示板が足りない。よし、君が掲示板設置委員会の会長だ」
「へ?」
「じ、あとは頼んだよ」
 そういてシン氏はその場を立ち去て行てしまた。
 何だたのかよくわからない。しかも結局道を聞かずじまいだたので、僕はその後も道に迷い続ける羽目になた。

 シン氏の二度目に出会たのは銀河帝国に攻め入るレジスタンスの戦艦の中だたか、嘆きの川で泳いでいる時だたか、あるいは幽霊屋敷で友人がうかり憑りつかれた時だたかもしれない。二度目も出会いも色々と可能性があるのだけれど、クリスマスだたと思う。
 町中にはサンタクロースがたくさんいて、カプルもたくさんいた。あんまり僕には関係ない行事だたのだけれども、ケーキでも買て帰るかななんて思いながらとぼとぼと歩いていた。
「メリークリスマス (●w●)/
 なんてサンタクロースに声をかけられても無視して通り過ぎようとしたのだが、ふと思うところがあて振り返た。
「なにやてるんすか」
 シン氏だ。サンタクロースの格好ではあるが、間違いない。
「ふふ。よく気が付いたね会長」
 気づかれなかたらどうするつもりだたのだろうかと思いはしたものの、僕が気づかないところで別の誰かが巻き込まれただけのような気もする。
「狐を見なかたかかにあ」
「狐ですか?」
「うん、狐」
 唐突に狐と言われてもよくわからない。果たしてシン氏の指す狐がイヌ科の動物のあのキツネを指しているのかどうかもわからない。
「見なかたと思います」
 真面目に取り合うのも億劫なので適当に答える。
「そうか。裏切り者は消さなくちいけないんだけどにあ。見つけたら教えてち
 そう言てシン氏は白い袋からM4カービンを取り出し、僕に渡した。
 多分、クリスマスプレゼントではない。一緒に裏切り者を狩れということなのだろう。

 シン氏に三度目に出会たのは、面倒だから省略する。

 シン氏に四度目に出会たのは夜の墓場で運動会だたか、スピンオフされたフンタジー作品の中であたか、あるいは刑務所の中だたかもしれない。四度目も出会いも色々と可能性があるのだけれど、多分バトルロイヤルに巻き込まれてしまた時の可能性が高い。
 僕は戦争とか喧嘩というものがどうにも不得手なものだから逃げ回てばかりいたのだけれど、ところどころでシン氏と遭遇した。
 遭遇するたびに「海賊王を見なかたか?」だとか「漱右はどこにいるか知ているか?」などと聞かれたりしたのだけれども、そもそも逃げ回てはいるものの誰とも遭遇していないし、そもそも何から逃げているのかもよくわかていない。
「さあ?あちじないですかね?」
 そんな風に毎回適当に答えて、
「さんきべりーち (●w●)/
 という御礼を言われるのだが、心が痛まないわけでもない。痛まないわけでもないがそれほど痛いわけでもない。だいたいこのバトルロイヤルというもの自体がシン氏の企みのような気がする。
 シン氏はだいたいいつも何か企んでいて、だいたい何か起きた時にはシン氏の影が背後に見え隠れするし、シン氏が現れるのは大抵何かが起きる前兆でもある。タイで起きた政変や世界中に突然掲示板が乱立された事件、あるいは血のクリスマス事件、その他もろもろだてシン氏の仕業だ。何でもかんでもシン氏の仕業にするて言うのは何かしらの陰謀論に聞こえるかもしれない。そもそもシン氏ていう存在が僕の妄想でしかなくて、虚構の存在なんじないかて疑てみたりもする。けれども虚構を作り出すのは僕の役目じないし、やぱり虚構を作り出すにしろその企みをするのはシン氏なのだ。
「結局シンさんは何者なんですか」
 そう僕は尋ねるのだけれど、シン氏はぷと笑て答えてくれないのだ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない