てきすとぽいトップページへ


一発逆転! 上半期ベストを狙え! 愛のいじり小説大賞主催 : しゃん@にゃん革



《 投票メニュー 》
集計結果
期日後投票



シャン氏はぷっと笑う
桃太郎(海賊版)
サウス・アイランド



チャットに参加する
一覧ページにコメント
2014.05.10 18:11
プロフィール画像
何をどう書けばよいのか全然わからない。。。

一覧ページ返信コメント
2014.05.10 18:18
プロフィール画像
こんなに明確なコンセプトで、あやまり堂くんはボクちんをフォローしているのに。。。

『シャン氏はぷっと笑う』にコメント
2014.06.05 21:23
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 今回も本賞には多数の作品が寄せられた。最終的に3作品に絞られた訳だが、奇しくも似通ったテーマであるのはやはり時代のせいと言えるかもしれない。
 たとえば、「シャン氏はぷっと笑う」の茶屋氏。実は私はこの作者の名前を他の賞でも見掛けている。今回の応募作に目を通し、意外だったのは作風の変化である。以前はトリッキーな設定やマジックリアリズム調の作品を得意としていた記憶があるが、今回の応募作ではそれらはなりをひそめている。むしろ3作の中で、最も本賞の傾向にアジャストしてきた節がある。
 アジャストというと言葉は悪いが、選考委員の中にはこの変化を好意的にとらえる声が多く見受けられた。実際、時系列的に語られるシャン氏との関係は、奇をてらわず素直な小説と言えるだろう。特に選考委員の方々が評価したのは、最後の場面である。ある程度の関係を築き上げたシャン氏の正体を、ついに主人公は掴むことが出来ぬまま話は終わる。果たしてそのようなことが現実にあるのだろうか。「結局何者なのか」と問う主人公の独白はよくよく考えれば不自然にも思えるが、それを破綻なく書ききったところに作者の力量が垣間見える。
 あたかも切り札のように最後の最後で自らのスタイルに転換させた手法は、意欲を感じさせるものだった。これまでの作品に比べれば若干のぎこちなさはあるが、読者の目を意識する才がこの作者には備わっているのではという、周囲の選考委員の意見には同意する。

『桃太郎(海賊版)』にコメント
2014.06.05 21:38
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 次に永坂暖日氏の「桃太郎(海賊版)」だが、私はこの作品を一種の群像劇として読んだ。
 鬼を退治するために、キツネやうさぎ、骸骨がパーティを組む訳だが、旅を進めるに従って彼らは狩猟本能と思慕に翻弄される運びとなる。骸骨とキツネは恋仲となり、うさぎはキツネを狩りたい欲求に支配される。鬼退治の後に狩ることを許可した点から、リーダーである海賊王は現実主義者であることがうかがえる。
 水と油というよりは、骸骨とキツネを除けば、およそ共通の目的を持つ者同士とは思えぬほどパーティ内は互いに無関心である。群像劇としては個々の関わりが表面的ではないかとの指摘もあったが、そもそもは他人同士の間柄である。ベクトルが異なる者たちが交わりきらぬまま鬼が棲む島へ辿りつく。現実社会のメタファーとして捉えると、ある程度の説得力を持つのではないかと私は評価した。
 ただし、このように無関心な者同士、あるいは敵対する者同士の群像劇ゆえか、主人公が誰なのか判然としない向きがある。小説としては俯瞰して眺めるタイプのものと言えるだろう。冒頭で述べた通り、これも時代の為せる業と呼べるにちがいない。

『サウス・アイランド』にコメント
2014.06.05 22:00
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
 最後に大沢愛氏の「サウス・アイランド」だが、この作品は最終候補に残った中では最大のボリュームとなった。
 オムニバス形式で語られるストーリーは、1~4までが「南の島でした」という共通の一行からはじめられる。
 メルヘンな語り口調ではあるが、いわゆるお花畑的世界ではなく、キツネとうさぎが罵り合う見せ場も用意されている。選考委員の一人によると、この場面は野球のヤジと似ているという。もしかしたら、作者は野球ファンなのかもしれない。持てるものを出し切るのが応募者の使命である以上、これも一定の熱量を持つ作品と呼べるだろう。
 この作者には独特の生理感というか、「おやっ」と思わせる表現が含まれることがある。よい意味で、読者を立ち止まらせる器量を備えているのかもしれない。今回の3作の中では、いささか観念的な傾向が強く思えるが、それ故に前述の個性が醸し出されているようだ。
 終盤、郵便配達人がエチゼンクラゲに乗るシーンは、どことなく「星の王子さま」を彷彿とさせる。結末を読者の想像に任せるという点では、メルヘンの鉄則どおりと言えるが、淡々としたラストは選考の場では意見が分かれた。しかし、これだけのボリュームである以上、アブストラクに終わらせるほうが余韻が残るのも確かである。
 さて、長年この賞の選考委員を務めさせて頂いたが、今回を以てその役目を辞することとした。後任にはすでにひやとい氏が就くと聞いている。説明するまでもなくベテラン作家である氏が後釜となり、ひとまず胸をなでおろしている。
 編集部、選考委員の皆様にはお世話になった旨、お礼を申し上げたい。今後も本賞の発展を願います。

『シャン氏はぷっと笑う』にコメント
2014.06.08 22:00
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
これぞまさに愛に溢れたいじり小説・・・どことなくふわふわし読者を煙に巻いているような文体がまた謎めいたシャン氏そのものみたいな不思議な心地でした

『桃太郎(海賊版)』にコメント
2014.06.08 22:04
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
なんか納得の結末だったw
しゃんさんの「現実社会のメタファー」ってコメントになんかちょっと納得してしまいました。確かに桃太郎とてきすとぽいみたいなネット上の集会所での繋がりって通ずるところがあるのかも。

『サウス・アイランド』にコメント
2014.06.08 22:05
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
優しいような少し寂しいような文章が読んでいてとても心地よかったです。愛に溢れている。

『シャン氏はぷっと笑う』にコメント
2014.06.08 22:22
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
まさにいじり小説。いちばん最初にこれを投稿されたので、後続のハードルは上がりました。
シャン氏が飄々としてとらえ所のない人物として描かれている一方で、語り手もシャン氏に負けず劣らずそうだったりするからおもしろいです。

『サウス・アイランド』にコメント
2014.06.08 23:02
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
柔らかい文体で童話のような語り口なのに、ちょっとセンチメンタルなところがいいですね~。郵便配達人が幸せになれるといいなあ。

<<< 投票期間は終了しました。 >>>
引き続き投票できますが、集計結果には反映されません。


票の集計期間 2014.06.02(月) 0時  ~  2014.06.08(日) 23時
投票方法 5段階方式(平均)
投票終了まで 票の推移とコメントを公開する


投票の主旨、注意点など

銀河系屈指のかまってちゃんであるボクちんが、目立ちたい一心で立てた企画。
いじり小説とは、ナニか?
それは、すなわち観察であーる。 ...
詳しく読む...

総括

ぱんぱかぱーーん♪
愛のいじり大賞に投稿&感想&ROMをしてくれたみなさん。
サンキューベリマッチ。(●w●)/ ...
詳しく読む...

作品一覧  →【期日後投票する
☆順に並べ替え
シャン氏はぷっと笑う
茶屋
 投稿時刻 : 2014.05.23 21:59 最終更新 : 2014.05.31 19:56
 字数 : 2274
☆4.444☆5…7票
☆4…0票
☆3…1票
☆2…1票
☆1…0票
桃太郎(海賊版)
 投稿時刻 : 2014.05.31 16:27 最終更新 : 2014.06.01 14:29
 字数 : 3127
☆4.222☆5…4票
☆4…3票
☆3…2票
☆2…0票
☆1…0票
サウス・アイランド
大沢愛
 投稿時刻 : 2014.06.01 22:09 最終更新 : 2014.06.01 23:00
 字数 : 7280
☆4.200☆5…4票
☆4…4票
☆3…2票
☆2…0票
☆1…0票

コメント
プロフィール画像
2014.05.10 18:11
ayamarido @ayamarido
何をどう書けばよいのか全然わからない。。。

プロフィール画像
ayamaridoさん への返信
こんなに明確なコンセプトで、あやまり堂くんはボクちんをフォローしているのに。。。



ネタバレを含む


※投票終了までコメント非公開と設定されていても、投票全体に対するコメントは常に表示されます。