てきすとぽいトップページへ
一発逆転! 上半期ベストを狙え! 愛のいじり小説大賞
 1  2 «〔 作品3 〕
サウス・アイランド
大沢愛
 投稿時刻 : 2014.06.01 22:09 最終更新 : 2014.06.01 23:00
 字数 : 7280
5
投票しない
目次
1. 1
2.
3.
4.
5.
6.
7.
全ページ一括表示
更新履歴
- 2014.06.01 23:00:20
- 2014.06.01 22:46:50
- 2014.06.01 22:45:53
- 2014.06.01 22:32:43
- 2014.06.01 22:15:05
- 2014.06.01 22:09:34
1 / 7
サウス・アイランド
大沢愛


                   1

  南の島でした。
  満月が海面を銀色に浮かび上がらせ、そのまま歩いて行けそうでした。
  一羽の白いウサギが砂浜に佇んでいました。

  ウサギはこの島のお金持ちの家に飼われていたのです。島の動物たちには一生、食べられないような柔らかな野菜や果物をふんだんに与えられていました。毎日、お風呂に入れてもらい、おかげで白い毛並はつやつやふわふわで、召使たちはドライヤーをかけ終えると、人目を盗んではこそりと顔を埋めるのでした。
  ウサギはいつも遠くを見つめていました。ごちそうを食べて毎日を過ごしても、ウサギはちとも幸せではありませんでした。ある夜、みんなが寝静まてから、ウサギはこそりとお屋敷を脱け出しました。ふかふかした絨毯の敷き詰められたお屋敷に比べて、地面の土はざらざらしていて、ウサギの柔らかな足の裏はすぐに痛み始めました。それでも、一歩ごとに胸の中は膨らんでいく気がしました。物陰から燐の目に見つめられても、聞いたこともない乱暴な声で吠えかかられても、かまわず跳ね続けました。
  足の裏に血が滲むころ、突然、ウサギの肢は地面にもぐりこみました。お屋敷の窓からかすかに聞こえていた音が、お腹の底に響く大きさになています。そこは砂浜でした。誰もいないのに、きらきらしたシルクが何度も波打ては押し寄せてきます。こんなに飛び跳ねたのは生まれて初めてで、ウサギの身体は沈み込みそうでした。それでも、自分でもよくわからない気持ちがこみ上げてきて、きらきらするシルクを一心に見つめるのでした。
続きを読む »
« 読み返す