てきすとぽいトップページへ
第18回 てきすとぽい杯
 1  9  10 «〔 作品11 〕» 12  22 
ひどく幸せな子供はもういない
 投稿時刻 : 2014.06.14 23:42
 字数 : 1548
5
投票しない
ひどく幸せな子供はもういない
永坂暖日


 わたしはひどく幸せな子供であた。大きな材木問屋を営む両親の元に五人兄弟の歳の離れた末子として生まれ、兄姉たちに可愛がられて育た。欲しいと言えば両親はなんでも買い与えてくれ、たとえ兄姉たちの持ち物であてもわたしが欲しいと言えばそれはわたしのものになた。
 わがままな末の坊ちんという評判は向こう三軒両隣はもちろん町内中に広まていて、しかしわたしは小利口で見目のよい子供だたから、女中にいたずらをしてもごめんなさいの一言を添えてしおらしくしていれば、女中も、いたずらをしかろうとしていた姉も、次にしたら怒るよと言いながら、いつでも許してくれた。わたしのこの顔で謝れば誰でも許してくれる。それに例外ができることのないままわたしは大きくなた。
 わたしが十六になた頃、すぐ上の兄が少々遅い結婚をすることになた。相手の娘はわたしと同じ、十六。義姉なるのだと挨拶に来た彼女を見て、わたしはその娘が欲しいと思た。別段美しいというわけではなかたが「わたしの方が生まれが後なのに義姉なんて可笑しいけれどよろしくお願いします」と恥じらいながら顔を上げ、後れ毛をかき上げる仕草は妙に色気があり、それを見たわたしは、義姉になる娘が欲しいと思たのだ。
 わたしが欲しいと言えば、たとえ兄姉の持ち物であてもわたしのものになる。自分のものにした後でも、兄姉たちにあれをわたしのものにしたと言えば、一度怒たふりをしてみせるものの、兄姉たちは許してくれた。だからわたしは、義姉になる娘もわたしのものにした。
 わたしはそのあとで、すぐ上の兄と父に、あの娘はわたしの妻にすると言た。娘は兄の嫁になる予定であたが、わたしが欲しいと思えばもうわたしの嫁なのだ。今まで通り、それは叶うはずだた。
 わたしはひどく幸せな子供であたが、わたしの周りにいた者は必ずしもそうではなかたらしい。
 義姉になるはずだた娘をわたしのものにしたと言た時、すぐ上の兄は何も言わずに立ち上がり、止める父の言葉も聞かずにどこかへ姿を消した。兄がいなくなた後、父はいつになく怒た様子でわたしをしかりつけていたが、謝れば許されると分かていたわたしは、しおらしく聞いているふりをしていた。やがて、兄が戻てきた。手に、包丁を持て。
 止める父の言葉も聞かず、すぐ上の兄は逃げようとするわたしを捕まえ、脇腹にそれを突き立ててみぞおちを蹴り上げ、「お前のような者は生まれない方が良かたのだ」と罵た。
 騒ぎを聞き付けた他の兄や女中たちが集まり兄を取り押さえ、呼ばれて飛んできた医者がわたしの手当てをした。傷は深く血が多く流れたが、わたしは一命を取り留めた。
 寝込むわたしを看病したのは母だた。熱にうなされるわたしの額に水に浸した手ぬぐいを載せ、ぬるくなればそれを取り替えた。「お前のせいではないのだよ」と手ぬぐいを絞る母は言た。母は絞た布を広げて、それを縦に折りたたむ。それでは額に載せるのは横幅がありすぎると、わたしはぼんやり思た。母は手ぬぐいを、額には載せずにわたしの首に巻き、「いけないのだと知りながら父さんの弟を好いた母さんが悪いんだよ」と強く縛り上げる。わたしは助けを求めて母に手を伸ばしたが、母の手は手ぬぐいの両端を握りしめて離そうとしない。「お前の兄さんが、すぐ上のあの子だけが、それを知てしまた」手ぬぐいを握りしめる母の手に、涙の粒が落ちる。更に強く締め上げる。
 わたしはひどく幸せな子供であた。しかし、幸せだたのは子供の時の話で、もう子供ではなくなたわたしは、どうやら幸せでないられないらしい。
 すぐ上の兄と、すぐにあの世で再会できるのだろうか。
 母の形相を見ているとそれは叶いそうで、そこでわたしの意識は途絶えた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない