てきすとぽいトップページへ
第18回 てきすとぽい杯
 1  12  13 «〔 作品14 〕» 15  22 
讃花
 投稿時刻 : 2014.06.14 23:43 最終更新 : 2014.06.14 23:44
 字数 : 1528
5
投票しない
更新履歴
- 2014.06.14 23:44:38
- 2014.06.14 23:43:30
讃花
粟田柚香


「ほう。ジンチウゲ」
「そう、沈丁花。…そら、あちにも」
婆さんの指さした藪の中には確かに、小さな花が密集して丸まている群れがひとつふたつとぶら下がている。
「匂いはいいけど、花瓶にさして飾るわけにもいかねえし」
「ふうん」
適当な相槌を打たら婆さんはそれが気に触たのか、盆を持たまま茶店の奥に引込んでしまた。かがめた腰に立ち上がる帯の桔梗刺繍が妙に鮮やかで、この国にはまだあんな老婆もいたのだと、妙な感慨にふけりながら茶を啜る。
霊峰もようやく七合越え。あるかなきかの谷川沿いにすすむ道はいよいよ暗く、頭上でしきりとトンビの鳴く声がする。これだけ登てきたのに人家は絶えないが、それもそろそろ尽きるだろう。物好きな登山客相手に茶菓子を振る舞う茶店もここが最後だ。
「俗ぽいねえ」
そう思う。昔幾多の修行僧が踏み固めたという山道は舗装で覆われ、鎌や斧で分け入たはずの崖道の先に人の家と車がある。
「熊とか、出ねえのかな」
出るかもしれない。そこに考えがいたて、急に腰が落ち着かなくなた。
茶碗の底に残ているお茶を一気に飲み干す。
「行くか」
荷物を背負い直そうとしたが、隣に座ている彼女は動かなかた。
「なんだよ」
彼女は膝の上に綺麗に手を揃えたまま、ほうと前方に目をはなたままである。
「気に入たのかよ」
視線の先には、藪を背負て匂い立つ沈丁花。
それをふわふわと見つめる死んだ女は、さながら静止した風鈴か。
軽くつつけば、細切れに散て空中にただよい霧散してしまいそう。

最初の女は、紫陽花の花を描いていた。
白のスケチブクに青と紫のクレヨンを塗りたくり、お約束のように蝸牛をのせていた。
蝸牛なんかいないじん、この嘘つき、といたらべそをかいて泣きだした。
涙が青色の紫陽花を汚していた。

次の女は、ツツジの茂みのそばに屈んでいた。
ピンク色の花弁をちぎて、がくから蜜を吸ていた。
あんたもどう、と差し出してきたので、汚いからいらん、と言てやた。

三番目は大きな家に住んでいた。
珍しく電話がかかてきたので出ると、うちにある珍しい花が咲いたの、見に来てよ、と弾んだ声で言た。
家に行くと、レース編みのかかたピアノがあり、陶器の天使とドレスをきた人形がうとりした顔で座ていた。庭に面したサンルームには、壁と同じ高さの置き時計が時を告げていた。
花の名前は泰山木だたと思う。俺はもうその子に電話をかけなかた。

最後の女は百日紅の木の根本にいた。
広い額の下からまん丸の瞳がふたつ、いつもこちらを見上げていた。
コンクリの道路に落ちた、薄紅色の散た花をひとつひとつ拾い集め、ひとつひとつ束にして笹の葉でくるみ、ちいさな花束をこさえていた。
幼稚園の子にあげるのよ、と笑ていた。
今どきの子はそんなもの喜ばないだろ、と思たが、黙ていた。

ブウン、という羽音が耳元で鳴り、思わず自分の耳を殴た。
隣にいる死んだ女はあいかわらずふわふわと座ていて、こちらに見向きもしない。透き通た髪に手を通そうものならそのまま突き抜けて、薄い膜のようにただよい消えていきそうだ。
「お前に限たことじ、ないよなあ」
風向きが変わたのか、白い花毬の甘い香りがこちらにまでただよてきて、女の透明な身体にまとわりついている。
と腰を浮かせて座る位置をずらした。白い透明な身体のすぐ近く、深呼吸をすれば靄のような女を吹き散らしてしまいそうな距離。
女の身体からは、甘い沈丁花の香りに混じて、爽やかな新芽を思わせる香りがした。
ふと右肩越しに振り返る夕焼けには、ぽつんと点じた金星の光り。
「そろそろ帰らないか?」
弱々しい声しか出せなかた。きと彼女には聞こえなかただろう。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない