てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
給食を食べようと思ったら、いつの間にか世界を救う羽目になっていた俺。
 投稿時刻 : 2014.07.24 03:37 最終更新 : 2014.07.24 16:06
 字数 : 2847
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
鮭の死体。。。

ラノベのエッセンスを随所随所にちりばめた、ラノベらしいラノベだにゃあ。

給食の時間がはじまって、ヒロインとチューしておっぱいもむってだけのお話なんだけどー。

それだけでここまで形にするのは、文体によるところが大きいかもねー。

改行を減らして、純文学みたいにセンテンスを長くしているけど、一度読みはじめると流れに乗っちゃうしー。

巻き込まれ型主人公も、親しみが持てていいかもー。

あえて言えば、Fカップと書いてしまうくらいでもよかったのではないかとー。

ラノベなので、メディア展開するときはそのくらいのデフォルメが必要かもねー。

ぷっ。

プロフィール画像
2014.08.12 21:51
木下季花 @kika_kinoshita
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
『鮭の死体』の部分は自分でもぶっ飛ばし過ぎたかなあ、と読み返しながら反省してみたり……。

確かにあそこまでライトノベルっぽくやったのにCカップって中途半端すぎだろ!? って感じですよね。
小学生だから巨乳でもCカップという固定概念を破れなかった自分はダメダメです。

プロフィール画像
木下季花さん への返信
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
鮭の死体は、ウケたからよし。。。

コメント前に
する
ネタバレを含む