てきすとぽいトップページへ
第20回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  20  21 «〔 作品22 〕» 23  47 
JO-OH!
大沢愛
 投稿時刻 : 2014.08.17 11:31 最終更新 : 2014.08.17 14:54
 字数 : 1000
5
投票しない
更新履歴
- 2014.08.17 14:54:21
- 2014.08.17 14:53:38
- 2014.08.17 11:31:11
JO-OH!
大沢愛


 凍りつく真夜中に、星辰をかき消す一撃を!


 「古エダ」の記述以来、長らく誤解されていた彼女の実像が今、明らかになる。

 バーサーカーのごとき荒ぶる狂戦士としてのイメージからか、美しき裸身に獣皮を纏い、殺戮の限りを尽くす血染めの立ち姿が彼女のものとして崇められてきた。

 だが考えてもみるがいい。強さと残忍さとは相容れないものだ。強大なものほど一撃で獲物を屠る。惨たらしさは恐怖の裏返しであり、怯懦の表れだ。

 彼女には血染めの姿は似つかわしくない。発掘された史書によれば返り血を浴びることすらなかたという。さらに、戦いに臨む時、彼女は一糸纏わぬ姿であたという。

 もちろん異論もあた。彼女が高貴なる裸身を敵の前に晒すはずがない、と。あるいは、最強の戦士である彼女は己が身を護る必要を感じなかたのだ、と。

 誇り高き最強の存在である彼女に、恥じるところなどあろうはずがないではないか。あらん限りの美を閃かせて彼女は戦た。すべての敵は彼女によて薙がれ、裂かれ、そして斃された。

 これまでの多くの偽書によれば、彼女は猛た肉食獣のごとく眼を見開き、口を開け、敵に襲いかかたという。至高の戦士である彼女を獣の位置にまで貶めて恥じ入ることのなかた多くの先人たちの愚かしさに、今はただ瞑目しよう。

 彼女は戦いの場では常に微笑みを絶やさなかた。史料によれば「穏やかな乙女のごとき」笑みだたという。凄惨な戦場において彼女と相見えた者は皆、武器を地に落とし、跪いた。彼女は静かに歩み寄る。無数の疵に覆われた甲冑の中で、男たちは全身の膨れ上がる苦痛に苛まれる。俯いた視線の先に彼女の裸足の爪先が現れる。月の海の桜貝にも似たそれが目に入るや否や、男たちの生命は果てた。月明かりに浮かぶ遺骸たちの顔は、微かに笑ていたという。

 彼女によて倒された中に一人の若き戦士がいた。彼は彼女の噂を聞き、敵わぬまでも矛を交えることを夢見ていた。
 戦場で、彼は彼女の歩み寄る気配を感じた。幾千幾万の戦士たちが倒れた間合いになても、張り裂けそうな胸をおして耐えていた。最後の力を振り絞り、目を上げる。地上に舞い降りた美神の如き裸身がそこにあた。
 その瞬間、彼は確かにこう聞いたのだ。



「め!」



 どれだけ経ただろうか。

 さしも凄惨な戦いもようやく終わりを告げる。

 寒々とした曙光の中、朝露に濡れた彼の遺骸はこの世のものとも思えぬ至福の表情だたという。
 
 

 
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない