てきすとぽいトップページへ
第20回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  18  19 «〔 作品20 〕» 21  47 
ゴルフクラブ(打撃武器)
 投稿時刻 : 2014.08.17 07:49
 字数 : 1000
5
投票しない
ゴルフクラブ(打撃武器)
三和すい


 酔いどれペンギンは松林の中を必死に走ていた。
 いつものように狩りをしようと山に入た。ただ、何となくいつもと違うところに行てみようと思い山の奥にまで足を踏み入れた。
 そこでまさかこんな魔物と遭遇するとは……
 短い足を必死に動かしながら、チラリと背後をふり返る。
 追いかけてくるのは骸骨戦士だ。
 アンデドの一種で動きは緩慢だが、あいにくとこちらはペンギン。一生懸命走ても短い歩幅はどうにもならず、骸骨戦士に追いつかれつつある。氷の上なら腹で滑れば速いのだが、松林の中ではそうもいかない。
 酔いどれペンギンは剣士だ。
 逃げ切れないのなら戦えばいいようなものだが、今持ている剣は刺突系のレイピアのみである。相手を突き刺し深い致命傷を与えることができる細身の剣は、骨だけの骸骨戦士とは相性が悪い。
(何か他に武器はないものか……
 こんなことなら酒に金をつぎ込まず別の武器を買ておけばよかたと後悔しつつ、酔いどれペンギンは必死に走り続ける。
 もうすぐ松林を抜ける、というところで何かにつまずき転ぶ。
(しまた!)
 慌てて起き上がろうと地面に手をついた時、酔いどれペンギンの手が長細い物に触れた。
(これは……
 よく見ようとしたその時、ガシリという足音にはと顔を上げる。
 骸骨戦士がすぐそこにいた。
 酔いどれペンギンは慌てて起き上がると、細長いそれを構えた。両手で柄をしかりと握りしめ、骸骨戦士に向かて思いきり振り回す。
 パコーン!
 気持ちのいい音とともに、骸骨戦士の頭が消えた。いや、飛ばされたのだ。髑髏は大きな弧を描いて飛んでいき、松林の向こうに広がる草原を越え、旗が立た小さな穴の上にスポリと落ちた。
 頭を失たせいか、骸骨戦士の体はその場に崩れ落ちる。しかし、酔いどれペンギンはそれに気づいていなかた。
 髑髏が飛んでいた先を見つめるペンギンは、助かたという安堵感ではなく、不思議な爽快感に包まれていた。
(何だろう、この気持ちは……
 酔いどれペンギンは自分が手にしている長細い棒を改めて見た。
 棒の先端には拳ほどの大きさの丸みがあり、ここで髑髏を飛ばしたようだ。
 これは、なかなか良い武器ではないか。
「よし。今日からお前は私の物だ」
 さそく町に戻てこれに合う鞘を買わなければ。いや、その前に狩りで鞘を買うための金を稼がなければ。
 ゴルフクラブを手に入れた酔いどれペンギンは、鼻歌を歌いながら山の中を歩き始めた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない