てきすとぽいトップページへ
第20回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9  47 
ディーバ・クイーンドラゴン
 投稿時刻 : 2014.08.16 20:08 最終更新 : 2014.08.16 20:33
 字数 : 1000
5
投票しない
更新履歴
- 2014.08.16 20:33:24
- 2014.08.16 20:14:43
- 2014.08.16 20:10:49
- 2014.08.16 20:08:07
ディーバ・クイーンドラゴン
木下季花


 遥か昔。
 とある国に、歌うことを好む竜がいた。 
 竜は人間を襲うことはなかた。しかし人間の方は、竜を殺そうとしていた。人々は竜が危険な存在であると信じ込んでいたからだ。
 竜は逃がれるように竜の里へと戻たが、そこでも竜は仲間外れにされてしまた。飛行の技術が拙く、歌ばかり唄ていたので、仲間の竜からは気味悪がられていたのだ。そうして住む場所を見つけられない竜は、渓谷の奥深い場所で孤独に生を送ることになた。

 ある日。
 竜の住む場所に、深い怪我を負た一人の青年がやてきた。
 崖から落ちて怪我をしたのだろう。骨折をし、青年は痛みの余り呻いていた。
 竜は歌た。竜の歌には、生き物を癒す力があた。竜は傷ついた青年を助けようとしたのだ。
 それから一月ほどが経ち、青年の傷が癒えると、竜は青年が寝ている間に立ち去た。人間に姿を見られて、同じ場所に住むのは危険だと思たからだ。青年も、怪我が治れば、自力で町まで戻れるだろう。そして竜はまた住む場所を変え、遠くの森まで飛んだ。町から離れるように。孤独に。

 時は流れ、竜はかつて住んでいた町から遠い場所にある洞窟に住んでいた。その洞窟に、大勢の人間がやてきた。ざと見るに、その数は百。彼らは竜の体が高く売れると知て、竜の元にやてきた人間たちだた。竜は戦いが苦手だた。それに加え、竜は老いのため衰え始めていた。もはや飛ぶことも叶わず、歌う声も枯れ、戦う力などとうに残されていなかた。竜は死を覚悟した。この人間たちの生活のために、私は死ぬのか。そう思い、竜は目を閉じる。人間たちは、その知識で作り上げた武器で、竜を殺そうとしていた。竜は死を覚悟して、彼らの雄叫びを受け入れた、その時。
「歌を好む我が友人よ! 長く待たせたな!」
 勇敢な顔つきをした年老いた人間が、数え切れないほどの人間を引き連れ、力強く微笑んだ。その顔に微かな見覚えがあた。そう、それは竜がかつて助けた青年だた。彼は王位を受け継いで国王となり、かつての恩義を返しに来たのだた。彼はいつかの優しい竜をずと探し続け、竜を救うことを決めていた。
 竜はかつての青年がずと心に抱き続けてくれていた恩義に感動し、長年忘れていた咆哮をあげた。それは気高く、美しく、歌うようにのびやかに、国中の人間を癒すように、広がていた。 

 そして竜は、竜と共存する国の王と共に、生涯を送たのである。国王の妃として。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない