てきすとぽいトップページへ
第24回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・白〉
 1  3  4 «〔 作品5 〕» 6  12 
キャンドルサラリーマン
茶屋
 投稿時刻 : 2014.12.13 23:38
 字数 : 1004
5
投票しない
キャンドルサラリーマン
茶屋


 垂れた蝋燭が皮膚に到達し、その皮膚を熱するたびに男は歓喜の声を上げた。
 これだ。
 この感覚。
 この感覚を感じるたびに、生きていると実感する。
 男は何度も喜びの声をあげ、狂喜した。
 だが、金を払て店を出るたび、どこか虚しさを覚えていた。
 何かが違う。
 そう感じていたのだ。
 何か、もと求めているものはどこか違うはずだた。
 だが、それが何かはわからない。
 結局、わからずじまいだた。
 そう思いながらそと指輪に触れる。婚約指輪だ。
 政略結婚だが、相手はそんなに悪い娘じない。契約書を書くように婚姻届も書けるだろう。
 もうこんなことは止めにしなければならないな、と男は思う。
 もうすぐ結婚する。仕事も順調だ。これ以上ない幸せが待ているはずだ。
 だから、こんなことをしていては行けないと男は思うのだた。
 だが、やめられない。
 男はどこかで蝋燭の蝋の熱さを求めているのだ。
 それが心の奥底から求めている熱さなのだ。
 だが、ある日、それもついに終わる。
「やと見つけたわよ」
 ふと後ろを振り向くと長身でムキムキで厚化粧のオカマが腕を組んで立ていた。
 見覚えはない。だがどこか懐かしいような気もする。
「キンドルナイト、いえ、テオーデリヒ ランゲ」
 どこか懐かしい響きを感じる名だが、そんな外国人は知らない。
 オカマの後ろには小柄ながら、鍛えあげられたと思しき体格の男が立ている。
 パーカーを被り、腕にはテーピングを巻いている。ボクサーだろうか。
「見つけたぜ。牛乳よりも美味い飲みもんを」
 そう言て傷だらけの拳闘家はカフラテを飲み干した。
 何かが思い出せそうだた。
 何かが記憶の中で引かかている。
 突然、ボクサーに羽交い締めにされたかと思うと、オカマは蝋燭に火をつける。
 なんで俺の趣味を知ているんだ! と思たが口にはしない。
 暴れようにも逃れられない。
 しかもあれは低融点蝋燭じない。あんなもの垂らされたら本当に火傷を負てしまう。
 腕をまくられ、そして蝋燭を垂らされる。
 神よ。
 皮膚にひどい痛みと熱を感じた瞬間、男は全てを思い出した。
 そうだ。
 私は神に仕える騎士、そして紅蓮の魔女を追て現代に転生したのだ。
「思い出したみたいね」
 そう言て「花束の斧」はウインクしてみせる。
「ああ、手間をかけさせたな」
「何、いいてことよ」
「探すわよ。最後の一人・夢見の神官を」
 騎士たちは目覚めた。
 己等の使命を再び感じ、決意した。
 男は婚約指輪を夜空に向かて投げ捨てた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない