てきすとぽいトップページへ
第25回 てきすとぽい杯〈てきすとぽい始動3周年記念〉
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9  20 
墓場まで
茶屋
 投稿時刻 : 2015.02.14 23:36
 字数 : 1373
5
投票しない
墓場まで
茶屋


 墓場まで

「では、あなたの告白を聞きましう」
 私は書類に目を通しながら、目の前の女性に目を向ける。
 パーンで区切られた一角に私と女性はいる。私はネクタイにワイシツ。彼女は質素なワンピースだ。
 ここは死後の世界の一歩手前、色々と行政措置を執り行う役場の一角だ。
 人は死後の世界に行く前に現世の行い、秘密を告白しなければならない。
 その告白を聞くのがこの部署なのである。
 私と同じような担当官がこのいくつも並ぶパーンの中で死者たちの告白を聞く。
 これが我々の日常業務だ。
「私は良き妻であり、良き母であるつもりでした」
 私は資料に目を通す。目の前の女性はまだ若い。夫と二人の娘。死ぬには早い。さぞ悔いの残ることだろう。
「ですが私は……
 そこで女性の言葉は詰まる。
「たくさん人を殺してきたんです」
 その言葉に思わず目をみはる。虫も殺さぬような、そんな言葉が当てはまりそうな容姿の女性だ。
「それは比喩的な意味でしうか?」
 思わず聞いた。
「いえ、文字通りです。趣味、癖、嗜好なんて言えばいいのかわからなかたんですけど、人を殺さずにいられなかたんです」
 再び資料に目を通す。生前、彼女が警察に捕またり、捜査線上に上がたことはない。
 とても信じられなかた。
「はじめは誰にも探されないような、ホームレスでした。簡単でした。ボランテアを称して優しく接していれば相手の警戒心も解けましたから。夫とのことで悩みがある素振りをして誘いをかければ、相手も同情と下心から寄てきてくれましたから。それに弱ている相手だたので、殺すのも簡単でした。死体は山に埋めました」
「なるほど……
「でもスリルが足りなかたのか、今度は出会い系に手を出しました。これまた簡単にひかるものです。体を許せば、相手も大した警戒もしません。あ、もしかしたら娘たちは夫の子ではなかたかもしれません。もちろん夫はそんなこと微塵も疑いませんでしたけど。今度は死体も慎重に処理しました。山に埋めたのは一緒ですけど、今度は遺留品も見つからないようにしかりと処理しました」
 最初のイメージとはまるで違う。
 楽しそうに話す女性の微笑みが不気味なものに感じられた。
「あとは色々ですね。色々殺しました。若い子も、男も女も。たくさん殺しました。殺すときはほんとうに楽しかた。本当に楽しいゲームでした」
「何人ぐらいでしうか? 殺したのは」
「覚えていません。でも多分、二十人は超えていたと思います」
「あなたは快楽殺人鬼だ……
「ええ、多分そうなのでしうね」
 そこで、側においていた携帯端末が規定の数値に達したことを示した。
 告白指数。
 これで女の秘密は既定以上告白されたのだ。
「なるほど、もう結構です」
「はあ、どうも」
「後悔はないのですか」
「娘たちや夫は心配です」
「いえ、その人殺しの方で」
「全く」
 そう言て女は再び微笑んだ。不気味な笑みだた。
 女の告白は想像以上だた。
 だが、ひとつ、私には気になることがあた。
 墓場には一つだけ秘密を持て行くことができる。
 だが、彼女は殺人を告白した。それを墓場まで持て行こうとはしなかた。
 果たして、彼女が墓場まで持ていく秘密とは何なのであろうか。
 殺人以上の秘密が、彼女にはあたのだろうか。
 だが、それを知るすべはもはやない。彼女の秘密は彼女とともに墓場に入るのだ。
 
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない