てきすとぽいトップページへ
第25回 てきすとぽい杯〈てきすとぽい始動3周年記念〉
 1  8  9 «〔 作品10 〕» 11  20 
東風吹かば
みお
 投稿時刻 : 2015.02.14 23:39
 字数 : 3143
5
投票しない
東風吹かば
みお


 貴方をお慕い申し上げているのです。

 と、疲れた顔に笑みを浮かべて女は言た。美しい黒の瞳にすと引かれた紅の線。笑うと、その線が美しく曲線を描くのが、夜の闇にもよくわかる。
 いや、月の美しい夜だから余計に美しさが際立つのかもしれない。
 それは銀色の月がしらじらと輝く、早春の宵。
 春に吹く風に似た、一瞬の逢瀬の物語である。


 私は不遇である。いや、不運である。ある日、聞き覚えもない罪を被せられ、都を追われ辺境にやられた。
 すべては政敵の成した罠。路傍の石よと小馬鹿にさえしていたその男達に私はあさりと足下をすくわれた。
 それはまだ春も始まらない、冬の寒さを引きずる頃。情けなくも馬上の人となた私は月を見上げて幾度か泣いた。
 私の流刑地は遙か南である。南に進むごとに月はますます美しくなるようだ。道に咲く花も色が濃くなり、人の顔もどこか変わた。
 辿りつくころ、そこには春がある。暖かな春である。都の春を思い、私はまた泣いた。
 その夜に、佳人の訪問を受けたのである。
「さて、まずは話を聞きましう。こちらへ」
 門に立ち尽くす女を見て、私は柔らかく微笑んでみせる。なんと美しい佳人であろうか。
 美しい打ち掛けはすかり泥に汚れていたが、美しい梅の図が目を引いた。襟元に覗く布は早春の緑の色だ。雅な人である。
 色白のこの女が今にも死にそうな声をあげ、我が屋敷を訪れたのは宵闇の頃。
 この地には美しい女に化けて男を食う物の怪も多いと聞く。さて美しい女こそ疑てかからねばならん。
 刀を手に門へと向かた私だが、女を見てすかり毒気が抜かれた。
 目の前の女は手に数珠を握りしめ、祈るように私を見上げるのである。
「いえ、再会できただけで私はもう幸福であるのです」
 女が目深にかぶる笠には同行二人の文字が刻まれている。その文字も砂にまみれ、風に褪せ、闇にも分かるほどに汚れているのである。
 死の覚悟をして私に会いに来たのであろう。私は自然と背が伸びた。
 私は女を何人も知ている。抱いた女の数も多い。遊んだ数も多い。都を去る際に、多くの女に歌も文も残した。いずれも未練を残す文字を残した。
 しかし、これほど美しい人は知らない。まるで闇夜に映える花のごとく、匂い立つほどに美しい人である。
「何をおる。あなたほど美しい人であれば、一度出会えれば二度と忘れるはずもない。失礼だが、覚えが……
「ひどい人」
 女はほほ、と笑た。ちらりと見えた歯は白く小さく、愛らしい。
 首筋はぞとするほどに白く、かかる黒い髪が春風のような音を立てた。
「あれほど、美しい美しいと私をご寵愛くださり、都を出る時には歌まで残してくださたくせに」
 果たして、これほど美しい人が供も連れず都からこの辺境の地まで、辿りつけるのか。
 不意に浮かんだ疑問に私の背が凍る。
 はたして、手ひどく捨てた女の怨霊か、都に残した女の生き霊か。
 震える私に気づいたか、女が手を差し出す。
 思わず掴んだその手は、細く、そして冷たかた。
 彼女の細い指は、私以上に震えているのである。
「でも私は貴方を……お慕い申し上げ……ここまで」
「具合が悪いのか」
 ……私の中から恐怖が消えた。たとえ怨霊であろうと生き霊であろうと、これほどに私を思う女である。何が恐ろしいものか。
 不意に風が吹いた。早春の風は湿り気を帯びて冷たい。
 女の体に風が吹き付け、着物の裾が揺れる。甘い香りとともに、女の素足が見える。
 その足は哀れなほどに、血にまみれている。
「ああ。足がこれほどまでに……どこから歩いて来た。すぐに、手当を。いい薬があるのだ、寝床も用意させよう」
「ほら、お優しくていらる」
 女はもう息も絶え絶えに、私の胸にしなだれる。
「愛して、おります」
「しかりしろ」
「東風の吹く前に、出会えてよか……貴方、私を見つめ私に触れて、私を抱きしめ私を撫で、おたではありませんか。東風が吹いて春が来る頃」
 女の声は、どこか私の声に似ている。
「主がいなくとも、花を付けよ、匂いを起こせよと」
 それはかつて私が都で詠んだ歌に似ていた。そうだ、それもこんな美しい夜であた。
「しかし香てくださる主のない都で、花を咲かせてなんとしましう。匂いを起こしてなんとしましう。東の風で、主に届くはずもない、この距離で」
「嗚呼」
 ため息が喉の奥から漏れる。息を吸い込めば、甘い香りが鼻をつく。
「おまえは」
 それは梅の花の香りである。甘い香りが私の全身を包み込む。
 どうしようもなく、私はただ女を抱きしめた。
「ああ。もう目がかすんで参りました。足ももう動かなくなりました。主よ、どうぞお離れください」
 女は名残を惜しむように背に腕を回したあと、そと私の胸を押す。
「さようなら。なんとも幸せな、生き様でありました」
 とん。と軽くつかれてたたらを踏む。東から風が強く吹き付けて、女の体を揺らす。途端、女の体が変化した。
 ……細い腕がねじくれ細い枝と化す。それは天を求めるよう高く高く伸ばされた。柳のように細い腰は同じくねじくれ古ぼけた幹となり、髪は緑の葉となた。
 お慕いを。と呟いた赤い唇と目元の紅は紅梅と化し、白い頬は白梅と化す。
 東風の吹き終わる一瞬で、女は古ぼけた梅の木と化していた。
「おまえは」
 今が盛りと、花は咲く。古いが美しい花を咲かせる梅の木であた。
 紅梅と白梅を咲かせる、珍しい梅の木であた。
 都にある頃、庭に咲くこの花を私は愛でた。都を去る際、この梅とともに行けないことを泣くほどに悔やんだ。
 せめて都の地で花を咲かせよ、私がおらずとも匂いで満たしておくれと願て去た。
 都に残した私の佳人である。
 しかし今、木は限界を迎えていた。人と化したことが罪であたのか私を愛したことが罪であたのか、神ではない私には分からない。
 ただ、最後を誇るかのごとく、枝には満開の可憐な花が揺れる。おそらく、もう来年からこの木は花を付けまい。
 丸い花が綻ぶように、女が笑うがごとく開く、香を立てる。
「おまえは、私を追て、来たのだなあ」
 乾いた枝を抱きしめて私は泣いた。その体に、花はちらちらと舞い落ちる。
 それは一瞬の逢瀬である。

 そして、何年もの時が経た。

「花も付けない木など、早く切ればいいものを」
 近侍は皮肉を込めて庭を見る。それを私は笑顔で止めた。
「いいんだ」
 それは東風の風がそろそろ吹こうかという季節。
 私はもう、立ち上がることもできず、ただ庭を眺めるのが毎日の楽しみである。
「冷えます。閉めさせますか」
「いいんだ。もう少し、花を眺めていよう」
「花など……
 近侍は言いよどみ、やがて口を閉ざして去た。
 一人きりになると、途端に音が減る。
 ただ私の喉に走る不快な音と、心の臓がはじけるような音。そして風に梅の枝がきしむ音だけが耳に届くばかり。
「そろそろ春だなあ」
 庭にあるのは、ただ一本きりの梅の木である。
 ただし、その梅の木はもう花を付けない。立ち枯れたように、ただ茶色の塊となてそこにある。
 しかし枝だけはしかと天を指している。それはまるで、仏を拝むその手の形に似ている。
「おまえも今日は泣いている」
 枝に夜の霜が浮かんでいる。まるでそれは涙のごとく幾筋も枝を垂れる。
 私の両の目からも、熱い涙が転がり落ちた。
「あの日も、こんな夜だた」
 天には美しい春の月。
「そうだな。東風が吹けば……
 苦しくなる胸と都への郷愁も恨みも、東風が蕩けさすに違い無い。
 そうなれば、胸の奥に残る思いはただ一つ。
「今度は私が、おまえに思いを届けよう」
 手に掴む、数珠はかつての女の置き土産。 
 梅の枝のごとく天に伸ばした腕に数珠が鳴る。
 やがて、気の早い東風が数珠をならす。そのとき、私は確かに懐かしくも甘い香りと、かの佳人の姿を見た。
 しかしその光景も、ただ月の明かりが見つめるのみである。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない