てきすとぽいトップページへ
第27回 てきすとぽい杯
 1  3  4 «〔 作品5 〕» 6  15 
おしまいの雨
 投稿時刻 : 2015.06.20 23:35 最終更新 : 2015.06.20 23:38
 字数 : 1529
5
投票しない
更新履歴
- 2015.06.20 23:38:55
- 2015.06.20 23:35:10
おしまいの雨
小伏史央


 授業は退屈だ。窓の外を眺めると、黄土色の空が広がていた。退屈な空。
「ほらそこ、よそ見しない」先生に注意される。「はーい」教卓のほうを向くとでぶ教師が黒板にカリカリと文字を削り込んでいた。つまらない授業。みんな、退屈なことばかりだ。

 授業が終わり、下校時間。しばらく椅子に座たまま、窓の外を見た。グラウンドで部活動の連中がボールを必死に蹴ている。どうしてそんなに熱中できるのだろう。つまらないことばかりなのに。こんなに、つまらない世界。
 黄土色の空を見上げる。いつもとなんら変わりのない空。退屈な空。あの空がある限り、私は部活はできないだろうなて思た。どうして私は生きているんだろう。どうして私は学校に来ているんだろう。つまらない日々が、ただ無為に続いていく。
――ん!」
 声をかけられ、窓から視線を移した。親友が立ていた。「なにしてるの? 帰ろうよ」「あれ、部活は?」「今日うちのとこは休みなんだよー
 一緒に学校を出て、下校路を歩いた。ざらざらとした地面が靴の裏を嘗める。なんだか歩くのも退屈だた。親友が楽しそうに笑う。「帰たらなにするの?」「特になにもしないかな。なにしてもつまらないし」「えー?」無為な会話を、無為に続けて。それになんの意味があるというのだろう。また空を仰ぐ。あの空さえなければ。あの薄汚い空が悪いんだ。
「空、好きだよね」親友にそう聞かれる。「えそんなことないよ」「だていつも空見てるじん」「それは別に……」私は、空が好きなのだろうか。
 違う。そんなはずない。生まれたときから、ずと変わることなく、私を閉じ込めたあの空。あんなものがある限り楽しい人生なんてやてこないんだ。
「それにしても、不思議だよね」「なにが?」「今日授業で先生が言てたじん。彗星が近づいてるんだて」「そうなの? 授業聞いてなかた」「もう、やぱり空好きなんじん。授業も聞かずに空ばかり見てさあ」

 親友と別れて、そのまま家に帰た。さきまでどんな会話をしていたのかも忘れてしまた。「おかえりなさい」「ただいま」お母さんがなにか言いたげにこちらを見てくる。「なに?」「いや、この前の話だけどね。もういい加減進路は決またの?」「まだ」「あんたねえ、あんたの人生だからちんと考えないと。もう時間もないのにそんな調子じ」「うるさいな!」急にイライラしてきて、自分の部屋に駆け込んだ。ドアを閉める。
 こんな退屈な世の中で、進路を決めてなんの意味があるんだ。みんな退屈なのが悪いんだ。みんなつまらないのが悪いんだ。あの黄土色の空が悪いんだ。
「みんな消えちえばいいんだ」
 部屋の中が青白い光で満たされた。窓の外を見ると、白い光の線が直線を描いて流れていた。流れ星だ。窓に駆け寄る。空を見て絶句した。
 空が溶けていた。黄土色の空にぽかりと穴が空いて、それが徐々に徐々に広がていく。そこに青白い光と白い塊が溜まていた。そして今まで感じたこともない寒気が私を襲た。さきとは違う細かい透明の線が、何本も何本も、空から降てきた。お母さんが私の名前を呼んでいる。急いで部屋を出てお母さんのところへ駆け戻た。そのとき屋根の崩れる音がした。轟音が耳を封じ込めた。お母さんの声はわからなくなた。逃げるように家を飛び出た。
 黄土色の空が溶けている。黄土色の家が溶けている。黄土色の道が溶けている。水濡れ厳禁の世界が。得体も知れない水滴を浴びて洗い流されていく。
「ごめんなさい」空から墜ちてきた水滴が目元を垂れ落ちていく。「ごめんなさい。ごめんなさい」なにを謝ているのかも分からなかた。
 私は溶けてゆきながら、ただ最後までなにかに向けて謝り続けた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない