てきすとぽいトップページへ
第28回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  8  9 «〔 作品10 〕» 11  25 
弾劾
茶屋
 投稿時刻 : 2015.08.15 23:14
 字数 : 1000
5
投票しない
弾劾
茶屋


「犯人はお前だ。」
 突如として投げかけられる決め台詞。
 ハとして振り返てみれば、探偵然としている男が私に向かて指を指している。
 え? 俺? 
 犯人?
 何の?
 見渡せば周囲に幾人か並んでいる。若い令嬢風の女、恰幅の良いいかにも悪そうな人相の男、若い青年。
 それらの視線が、俺を突き刺すようだ。
 どうやらここは洋館の広間のようでもある。
 よくわからない。
 この人達は一体何者なのか、一体どうして集まて俺を犯人だなどというのだろうか。
「第一の殺人は、あーだこーだごにがにうんじらほんじかして、密室に仕立て上げ、アリバイを作り殺したのです。そうでしう?」
 そう俺の方を促すように見つめるのだが、俺は何のことやらさぱりわからない。
「ちと待てください、いたいなんのことやら」
 俺がそう言ても、探偵は顔をしかめるばかりである。
「では次の殺人です。これはほんにらこにくなむさんぽうぼさつな方法で、殺人を行たわけです。まるで、自殺に見せかけるように」
 相変わらず探偵の言ていることはわけがわからないのだが、周りの人間はいかにもなるほど、恐ろしい事実だと言わんばかり表情を浮かべている。
 俺はそもそも殺人という事実を知らぬ。
 何故ここにいるのかというもの判然としない。
 だが、お前が犯人だと問い詰められるととてつもなく不安を感じる。
 不安が不安を呼び、立ちくらみがしてくる。
「そして第三の殺人は……
 探偵が流暢に語りだした時、私の意識は暗転する。
 再び意識が冷めた時、薄ら寒いものを感じた。
 悪い夢を見ていた、というわけではなさそうだ。
 相変わらず目の前に探偵はいるし、他の面々も揃ている。ただ一人、恰幅の良い中年の男の姿は見えない。
「もう止めるんだ」
 探偵は諭すように言う。
 やはり、わからない。
 更にわからないのは、今いるのが洋館ではなく、海風の吹き荒む、断崖の上ということだ。
 切先に俺は立ていて、追い詰めるかのように探偵その他がいるという構図である。
 彼らはじりじりとにじり寄てくる。
「もう、終わりだ。お前の復讐は終わりなんだ」
 復讐?
 何のことやらわからない。
 だが、俺の頭のなかは恐怖でいぱいだ。犯人と名指しされ、追い詰められているのだ。
 探偵が一歩踏み出した時、俺も後ずさる。
 だが、そこには足場はなかた。
 体が傾き、天を仰ぐ。
 ああ、死ぬ。
 犯人なのだから、仕方がないな。
 突き刺さる視線に貫かれながら、俺は荒波の中に消えた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない