てきすとぽいトップページへ
第28回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  9  10 «〔 作品11 〕» 12  25 
光しかなく、それも消え
 投稿時刻 : 2015.08.16 03:51
 字数 : 1008
5
投票しない
光しかなく、それも消え
犬子蓮木


 杖をついて歩いている。
 この部屋は明るいな、と思た。
 ゆくりと進み、ソフに座た。息を軽く吐いて杖を床に置く。
 テレビは高齢化社会に警鐘を鳴らしていた。多くの人が歳をとり、弱くなた社会ができる。その時代の弱者を誰が助けていくのかが問題だと。数十年後を想像した。僕もさらに弱くなて、どうやて生きているだろうか。今でも多くの人に助けてもらい生きている。未来では、僕を今、助けてくれる人間も助けが必要になる。
 そんなときまで生きているのは甘えだろうか。
 目が見えないのに。
「おまたせ」
 入り口から紅茶の香り。ゆくりと近づいてきて、テーブルに置かれたのがわかた。
 僕は目が見えない。またく何もではないが、暗い明るいがわかる程度。
 彼女が斜向かいに座た。息遣いが聞こえる。こんなものは誰のものだて、人がいればいくらでも聞こえるのだけど、彼女のものだけはどうしても特別に聞こえてしまう。
 色というものをどんなものだと思いますか? と聞かれたら、僕はこの、彼女のリズムを思い浮かべることだろう。
 彼女は友人だた。
 出会たのは数年前。彼女が困ているところを僕が助けた。
 紅茶に手を伸ばす。正面より少し横に手を出し、探るように近づけていく。指が温度を感じ、遅れてカプにふれる。熱さを確かめながらわずかに飲んだ。
「今日はなに?」彼女が言た。
「顔が見たいなて」
 ジクだ。どうもウケなかたらしい。ここにきた理由も検討がつかないようだ。
「ちと立てもらていい?」
「なんなのもう」
 彼女が立つ音。僕も杖を拾て立ち上がり、彼女に近づいた。
「ごめんね」
 僕は彼女を抱きしめた。介助されるときと同じ人のぬくもりを感じる。彼女は僕のことをどう感じているだろう。冷たくないだろうか。
「え、ちと」
 僕は男で、彼女は女性。でも、暴力で勝つことはできない。だから油断させてから、ナイフで刺した。
 抱きしめていた手を離す。彼女が床に倒れた。ナイフを放る。
「な、んで……?」
「友達でし?」
 血の匂い。血の感触。途絶えた彼女の息遣い。返り血を浴びている。真赤かな。まあ捕まても構わない。
 外に出た。
 雨だ。
 とても暗い。
 歩こうとして、転んだ。杖を放してしまた。
 探してみるが見つからない。
 もういいや。
 僕は立ち上がた。
 雨がどんどん僕を撃ち抜いていく。
[※ここに挿絵]
 僕は昔のように走りだした。
 転んで、それでも立ち上がて走た。
 怖いものは、もう死んだ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない