てきすとぽいトップページへ
第28回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  11  12 «〔 作品13 〕» 14  25 
非難轟々
 投稿時刻 : 2015.08.16 05:21
 字数 : 1000
5
投票しない
非難轟々
多千花香華子


「お婆ちん、いいバグじん」
 俺は言いながら、信号待ちをしていた婆さんのバグをひたくた。
「ちと! 泥棒!」
「ヘイヘイ、ほほー! ヘイ、ほほー!」
 俺はバグを持た両手を上下に振り、スキプして踊た。
 強盗だと思われることを避けるために、異様さを演出する。
 俺を取り押さえようとする人はいない。
 みんな遠巻きに様子を窺ている。
「いいバグでした!」
 少し離れた場所へバグを置くと、ダで逃げた。
 背後からは非難の声があがる。
 次の場所へ急がなき
 
「お、かわいいバグじん! 見せて!」
 俺はもう一度同じ手を使た。
 賑わう通りで、女子高生のバグを奪う。
「なにするの、やめて!」
「ヘイヘイ、ほほー! ヘイ、ほほー!」
 スキプしながら女子高生に追わせて、数メートル離れる。
「じ、ここに置いとくから」
 俺はバグを路上に置き、ダ
「変質者!」
 そうだろうとも。わかてる。
 まだ、まわれる場所があた。

「ボクちん、おいしそうな飴玉だね」
 五歳になたぐらいの子供が、不安そうに見上げてくる。
 手には柄つきのキンデを握ていた。
 俺は容赦しない。
 キンデイを手からむしりとる。
「れろれろれろれろ! んー、おいちー!」
 舐めまわしたあと、あけにとられている子供へキンデを返す。
「いらないよ! 汚い!」
 子供はキンデを放り出して泣き始めた。
 近くの店から母親らしき女が、電話片手に飛び出してきた。
「変態! 警察呼んだからね!」
 ここでもダで逃げる。
 あと間に合うような場所は……

 家に帰てSNSをチクすると、俺の仕事がトピクになていた。
 画像つきだ。
『真夏の変質者! 要注意!』
『都内各所で迷惑行為!』
『頭おかしい、被害が出るまえに逮捕しろ!』
『警察も行方を追ているようです』

 あああ、非難の矢が俺に降りそそぐ。
 さすがに心も折れそうだ。
 でもしかたなかた。
 婆さんを妨害しなければ、横断歩道を渡りきたところで自転車が突込んできて衝突していた。
 女子高生をますぐ行かせていたら、ガラの悪い三人組と肩がぶつかり、酷く殴られることになる。
 ボクちんはキンデをくわえたまま走りだし、転んだ拍子にキンデで窒息していたはずだ。
 俺にはそれが見えていた。
 放ておけるわけがない。
 すべてが救えるわけじないけどさ。
 そのうえ非難轟々。
 でも、できる限りはやらなき
 なんていうか、予知能力て難儀だよ……
 
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない