てきすとぽいトップページへ
第28回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  12  13 «〔 作品14 〕» 15  25 
力を受け継ぎし者の末路
 投稿時刻 : 2015.08.16 07:11
 字数 : 1000
5
投票しない
力を受け継ぎし者の末路
三和すい


 部活からの帰り、暗い夜道を自転車で走ていると道の真ん中に何やら丸太のような物が横たわていた。
「何だ?」
 無視したいところだが、狭い道をふさぐように置いてある。仕方なく俺は自転車から降りて近づいた。誰だか知らないが、こんなところに粗大ゴミを不法投棄なんかして……と思いながら動かそうとすると、それがうめき声を上げた。
「ひ、人!?」
 ひき逃げでもされたのか、よく見れば体のあちこちに傷を負ている。
「大丈夫ですか? すぐに救急車を呼びますから!」
 携帯電話を取り出そうとポケトに手を突込む。が、
……いらぬ。儂の命はここで尽きる」
 倒れていた男が俺の腕をつかんだ。
 苦しげに顔をしかめているが、何故か口元には笑みが浮かんでいる。
「だが、命運までは尽きていなかた。最後に儂の力を託せる者に巡り会えるとは」
「は?」
「お主に、儂の力を与えよう」
 その途端、周囲の空気が動いた。
 何かがいせいに集まてきて、俺の中に吸い込まれていく。
 目には見えなかたが、俺は確かにそう感じた。
「いたい何が……
 不思議に思いながら男を見ると……あれ? 目を閉じている? しかも、さきまで苦しんでいたはずの顔が何だか安らかですよ?
「おい! しかりしろよ!」
 俺は慌てて男を揺さぶた。
 いたい俺に何をしたのか伝えないまま死ぬなんて、そんなのありか?
 ありかもしれないが、俺はめちくち困る!
「起きろよ!」
 俺の必死の呼びかけに、男はうすらと目を開け、
……気をつけろ……ヤツらは、力を、狙て、かな、らず……
 そこまで言うと、男の頭はガクリと力を失た。
「え、ちと!」
 俺はそんな言葉が聞きたかたわけじないよ? と言うか、聞きたくなかたんですけど、そんな情報。
 いくら呼んでも男は目を開けない。
 それどころか男の体は崩れ、細かい塵となて風に吹き飛ばされていく。
 後に残たのは茫然とする俺だけだた。

 次の日から、俺は視線を感じるようになた。
 ふり返ると誰もいない。けど、あちこちから見られているような気配がする。
 不安になた俺は学校に行けなくなた。
「いたいどうしたんだ?」
 心配する両親に俺はすべてを打ち明けた。
「そうだたのか」
 と両親は言てくれたが、翌日病院の精神科に連れて行かれた。
 医者にも同じく訴えると、
「それは大変ですね」
 薬をいくつも処方された。

 俺はあきらめず訴え続けた。
 周りからの視線が冷たく突き刺さるようになても。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない