てきすとぽいトップページへ
第4回 てきすとぽい杯
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5  21 
夜の底
 投稿時刻 : 2013.04.13 23:23
 字数 : 874
5
投票しない
夜の底
ひやとい


 夜中、眠れないので散歩に出かけた。
 とぼとぼ歩き、やがて近所のやや大きめな公園の方へ出た。
 すると。
 「ん……
 目の前にあやしい地上絵があた。
「何を意味しているんだろう……
 それは、ジングルジムやすべり台などの遊具が固まている場所の前の広場に書かれていた。
 おおかた子どもが遊びで書いたものなのだろうが、それにしては妙に巧かた。
 しばらく見ていると、似たようなものを二つ思い出した。
 一つはあみだくじ、もう一つはマインドマプだた。
 すかり一時的な話題となた感のマインドマプだが、はじめて見た時、あれにものすごく嫌悪感を覚えたものだ。
 どうしてかはわからない。
 なるべく拘束のない状態が好きだから、そういうものに左右されたくなかたのかもしれない。
 それに比べてあみだくじは好きだ。
 若いころ土方をやていた時、朝事務所に集またはいいものの、集まりすぎて人工(にんく)が余り、誰かがその日の仕事は諦めてもらわなければならないといたことがあた。
 その場合、そこのえらい人があみだくじを作り、その日現場に行く奴を決めたのだ。
 そういうとき、なぜか90%以上の確率で仕事に行けていた。
 しまいには「おまえは今日はあみだにも参加するな」と言われ帰らされたこともあたりした。
 そんな古きよき思い出のせいか、気が向いて下から先をたどてみた。
 いきなり左に行くのは面白くないので右、次に左、そして右、左と辿た。
 すると火の玉のような絵にたどり着いた。
「火の玉か? 小野正一を思い出すな」
 野球の本でしか見たことのない伝説の投手を思いながら、しばらくぼうと絵をみた。
 すると、その先の草むらの底から、いきなり、ぼわと、白いものが浮かんだ。
 幽霊か?
 まだ春先なのに早いんじないか?
 思いながら少し驚いたが、何かすぐにわかた。
 草むらよりすこし遠くの方で、どこかの家がカーテンを開けていたのだた。
 周りが暗かたので、目が暗闇に慣れていて、眩しかたというだけだたのだ。
 火の玉の絵をみていたのとタイミングが合い、思わず口元が緩む。
 まいたなあと頭を掻きながら、散歩に戻た。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない