てきすとぽいトップページへ
第32回 てきすとぽい杯
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9  12 
na8g
 投稿時刻 : 2016.04.16 23:45
 字数 : 1150
5
投票しない
na8g
住谷 ねこ


この年にな
こんな年なのに
どうしてだか……
恋に落ちた。

仕事先やら、ネトやらで
不倫の話はたくさん聞いた。

どれも自分には関係なく
中学生よりも可愛くなてしまう
40過ぎの女たちを半ば飽きれて見ていた。

みんなくたびれた旦那にあきあきして
手を離れた子供のいた時間を持て余して
仕事をしてみたり、趣味に走てみたり
それでも埋められない何かを男に求めたんだろうか。

男も同じなんだろうか。
それでもそんなに都合よく相手が見つかるものなんだろうか。

相手の男たちはそれなりにかこよくなければならないし
自分だてそれなりに女でいなければならないし
家庭から離れてもう一度、云々という気持ちがなければならない。

そんな都合のいい二人が出会う確率はどれくらいなのか
出合たからといて本当にそんな関係になる確率はどれくらいなのか

さらに、その相手しか見えなくな
我慢できなくな

なにもかも、本当になにもかも捨てて
50年近い人生をかけて作てきた自分の世界のすべてを捨てて
それでもいいと、この先、この相手とともに過ごすのだと
思うにはどれほどの確率なのか。

ほとんど皆無に近いような気がするが
そうでもないものなのだろうか? わからない。
少なくとも、私には理解できなかたしありえないと思ていた。

ていたけど、私は自分が思うにほとんどありえない確率の
そんな男に出会い、恋をしてさらにそれでも足らず
何もかも捨ててもいいとさえ思い。

そこまで思うだけでも少ないと思うのに
私は……私たちはついに一線を越えて
なにもかも捨てる決心をした。

それくらい好きだという決意表明をして
さらに燃え上がるが実際は行動に移さないという人もいるようだが
私たちは、決意表明をしてさらに本当に行動に移そうとした。

かけおち。

チケトは相手が用意してくれた。
温かい所にしようと話し合た。
荷物は少なくてよい。
自分たちの身勝手だから最低限のものだけを持ていこうといた。

待ち合わせは空港で。
それまでは連絡もとらないことにしよう。

そしてでも、万が一
万が一、気が変わたら
やはり捨てられないと思たらその時は
来なくていい。

お互い、もしも相手が来ないまま飛行機が出てしまたら
終わりなのだと思て 黙て 自分の、今までの自分の人生に戻ろう。

そう約束した。

羽田発、24時30分。

私は迷わない。
私はすべてを振り切て空港へ向かた。
そして待ち合わせ場所で、祈るような気持ちで待ていた。

飛行機は定時に出発し、私はロビーに残され
彼は元の生活に戻たのだと悟る。

これからどうしよう。

もう飛び立たのに未練がましく
カウンターで確認する。

4月16日、24時30分発の飛行機はもう出ましたよね。

カウンターの女性は不思議そうな顔をする。

「はい……。4/16日24時30分発というのは昨日ですよ」
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない