てきすとぽいトップページへ
我ながらホレボレする文体を自慢する大賞
 1 «〔 作品2 〕» 3  12 
ホステスの母+後日談
 投稿時刻 : 2013.04.26 06:14 最終更新 : 2013.04.26 06:58
 字数 : 3718
5
投票しない
更新履歴
- 2013.04.26 06:58:29
- 2013.04.26 06:14:23
ホステスの母+後日談
ひやとい


 小学校の、ニ、三年位の頃。どちだたかすかり忘れてしまたが、ある時担任の先生から、
「お母さん何の仕事しているの」
と言うような質問をされた。僕は当時から視力が悪く一番前の席順が定位置だたので、彼も何の気なしにそんな質問をしてきたのだろう。両親が共働きという事もいつのまにか話していたらしい。
「キバレーのホステス」
そう、子供だから正直に答えると、とたんに彼は困惑した表情になて、それきり後は、それを話題にする事はなかた。

 その当時僕の家は、細かい事情を両親からよく聞いていないから記憶があやふやなのだが、とにかく借金を背負ていて、よく色々な人が催促に来ていた。たまたま僕が対応した時は決まて、
「今、お父さんもお母さんもいないんですけど」
と言うのが常だた。別に言い訳じなく、いつも何故かそういう時に、本当にいないのだ。そして必ず、来た人に託けを頼まれてしまうのだた。僕は、例えば忘れん坊クラス1になるくらいに、あらゆるモノや事柄を忘れてしまう子供だたので、そういう託けを聞いた事すら、あらかじめ約束されたかの如くに、当然さぱりと忘れるのだた。あとでしまたと思い、かなり時間が経てから、両親にその事を言うのが常だたが、しかし何故それで怒られた記憶はまるでない。多少はそんな事もあたのかも知れないが、とにかく忘れる事にかけては周りからも定評のあた僕だから、そんな事も忘れているのかも知れない。
 普通一般家庭での借金と言えば、男親がギンブルか女遊びでこしらえるとか、事業で失敗したとかなのだろうけど、家での借金はすべて母が作てくるものだた。この時の借金を返し終わた数年後に、母が小料理屋を開くのにまた大きく借りてしまた事があるので、おそらくその時も、何かの事業を起こして失敗したのだろうと思う。母は何故かそういう自分の居場所というか、自分の城みたいなものを家庭外に持ちたかたようなのだが、家計簿をつけているのも見た事がないくらいの、ドンブリ勘定の見本みたいな金銭感覚の持ち主だたので、失敗するのも当たり前の事だたのだ。当然簿記も知らず、小料理屋をしていた時も客の言うままにツケを許していた。よくそれについて言い訳もしていた。
 そして酒も好きだた。訳のわからない事を叫びながら家に帰てくるくらいになるまでよく飲んでいた。いわゆる酒乱なのだ。介抱する僕にとてはとても迷惑な事だた。時には小便まで漏らして帰てきた。酒くさい小便の匂いに僕まで吐いてしまいそうになた。そんな調子なので、いつのまにか僕の知らないうちに、自然と店は畳まれていた。母はその後よほど懲りたらしく、病院の付き添い婦に職を見つけると、以後体の不調が原因で辞職するまで十数年そこで働き続けることになた。
 そういう母の失敗の、後始末はどうするのかと言えば、全て父がその尻拭いをするのだた。サラリーマンの父は、母とは反対に細かい性格で、お金の計算もさることながら、例えばある時、家族の誰かが夜中にトイレに起きると次の朝に、「お前、昨日夜中の何時何分にトイレに行ただろう」等と必ず言たりした。父以外の僕ら家族は、微かな物音ですぐに目を覚ます父を「忍者」と呼んで笑たりしたのだた。
 そしてまたある時、僕には姉がいるのだが、その姉が、当時流行ていたデスコに通うために、父の財布から金を盗んでそのまま遊びに行た事がある。バツの悪い事に、僕もその時トイレに起きてしまい、うかりその現場を見てしまた。見られた姉は、驚いた顔をしながらも僕のほうを向いて、口に人差し指を当てて合図をした。姉は気性が荒く、逆らうと鼻血が出るほど殴てくるので、僕は当然黙てそのまま布団に戻り、寝る事にしたのだた。
 しかし、朝になると細かく財布のチクをする父にすぐ分かてしまたらしく、翌朝僕が起きてみると姉が居間で蹴飛ばされているのが見えた。姉が寝転びながら、所謂我が家でネコキクと呼んでいた、つまりネコの様に体を縮めながら折り曲げていた足で攻撃を防御するやり方で、父の力強く繰り出す蹴りに、ワケのわからない事を喚きながら必死に応戦していた。何故か今でも僕の頭には、その時の映像が、割に強く残ている。それにしても、姉がバレたのに、僕が何も怒られなかたのはどうしてなのかと、今になて不思議に思うものだが。
 そんな風に神経の細かい人だたので、キチリと父は、母の杜撰さをカバーしていたのだた。例えば当時の家は風呂無しのアパートだたので、借金時には倹約のために、なかなか銭湯に行かせてもらえなかたりしていた。僕はバカ正直だたから、学校でその事をうかり話してしまい、不潔男呼ばわりされてちとしたイジメに発展したりした。どんな風にイジメられたかはあまり覚えていない。着ていく服もあまり買てもらえなかたし、母が昼間に寝ていて洗濯もあまりしてもらえなかたのもあて、いつも同じ服を着ていたというのもあたから、そういう方向に行たのかも知れない。それでもまたく友達がいないと言う事はなかたので、それなりに楽しかた記憶の方が強い。
 
 そんな訳で、一度目の借金返済の足しにと言うことなのだと思うが、やむなくホステス勤めをしていた母だた。
 母がキバレーに勤めていた時の事で思い出されるのは、毎月、給食費などの学校の費用を、夜は勤めでいないものだから、仕方なく朝に要求する時の事だ。僕が費用をねだると、母は寝床で「ウン……ウン……」というものだから、了解を得たとばかりに、母のカバンから費用を取て学校に行き、そして課業が終わた後、家に帰ると決まて怒られていたのだた。「朝は寝てるんだから、なんでもウンウン言うんだよ! 朝にそんな事言うな!」と必ず、決まり文句を聞かされたものだ。
 父に出してもらえばいいのだが、子供だからかその事を言ても誤魔化されてしまて費用を出してくれないので、仕方がなかたのだた。もちろん怒られると分かてはいたが、出さないと先生にも怒られるので、僕はいつも、朝眠ている時を狙てそれを繰り返した。例え母に怒られても、払わなければならないのは当人もわかていたので、そんなに強く言えない事も知ていたのだ。
 そんなわずかな給食費もケチるくらい、僕の家は逼迫していた。要するにそれだけの事だたのだ。
 大人になても、たまにその事を思い返す。その時担任の先生が僕の言う事に対して、そんな風に口をつぐんだのが、今でも気持ちの良くない、どんよりと嫌な感じで心の中に残ている。僕はそういう時、まあ所詮はセンセイて程度の人なんだろうな、と思い直し、わずかな怒りを納めている。母は、確かにどうにもならない人ではあるのだが、それなりに真面目に一生懸命生きていたのだと思うから、つい怒てしまうのだた。その生き様自体は別に恥ではないとも、強く思う。もちろん、決して威張て言える事ではないのだが。
 それともうひとつ、不思議に思う事がある。母は、実はとても不細工で、女としての器量はどうにもならないと、兄弟の意見が一致する程なのだが、その母が何故、よりにもよてホステスなんかやたのだろうか、と。
 まあそんな事くらいは、母に聞いてみればいいのかも知れない。もとも、とても怖くて、僕からは聞けないのだが。



 後日談。

 これを書いてからもう11年経た去年、妹が大病にかかたと聞き、会えなくなるかもしれないと恐怖にかられ、あわてて帰省した。
 妹は二人いて、そのうちの上の方が大病にかかてしまた。
 一週間滞在し、兄弟全員や甥と会ていろんな話を聞いた。幸運なことに姪はいない。
 全員で実家に集まて、ジンギスカンをつつきながらの話もした。
 しかしそこに、母はいなかた。
 妹が大病にかかたと同時期、母は帰省直前の夜、飲み歩こうと外に出たら雪道の凍たところに足を滑らせ骨折し、妹とは別の病院に入院していたのだた。
 父と見舞いに行くと、母はこちらの顔を見るなり、はあーとのんきな声を出しながら、テレビをつけてベドに横たわていた。
 そしていろいろと積もる話しをした。
 その時父が、
「アレが重病にかかたせいでみんなあちばかり心配して、母ちんのこと心配しないから、ふてくされてるんだ」
と、笑いながら話した。
 それを聞いた母はわざと口を開けとぼけた顔をしてから、あとはしらんふりをしていた。
 らしいなと思た。

 東京戻たあと電話で連絡しながら様子を伺たが、妹の大病は快方に向かい、母もほどなく退院したので、ひとまず安心している。
 歳をとて足を悪くすると歩かなくなり、結果ボケやすくなるというので、電話をするたび「早く死んで俺に金くれ」とか「歩かないでボケたら川に投げ捨てる」などと言ている。なぜかというと、そういうことを言えばきと反対のことをするだろうと、体験上わかているからだ。
 まあとにかく、なんでもいいから平和に暮らしてほしい。それが願いだ。
 結局家族の中で一番の金食い虫だたにしても、やぱり母は母だから。
 
 
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない