てきすとぽいトップページへ
第38回 てきすとぽい杯
 1  4  5 «〔 作品6 〕» 7  14 
「超ドベタ恋愛ストーリー」
酔歌
 投稿時刻 : 2017.04.15 23:34 最終更新 : 2017.04.15 23:43
 字数 : 1781
5
投票しない
目次
1. 窓からくる暖かい日の中に、君がいたという事だけ覚えている。
2. 「おはよ」
3. 「おはよう」
4. 男子どもが騒いでいると、丸時計が八時を指して鳴る。それと同時に教師も入ってきて、男は着席を余儀な
全ページ一括表示
更新履歴
- 2017.04.15 23:43:23
- 2017.04.15 23:34:59
2 / 4
「おはよ」
「おはよ、じねえよ。なんなのいきなり。皆見てるし。腕を絡めるな」
「いいじん恋人なんだから」
「親しい中にも礼儀ありてことわざ……ああ、お前なら知らんわな」
「ひどくない? 泣くよ?」
まあ、恋人はスルーできないよな。
取りあえず身体と身体を引き剥がしたら、スマホの電源を切た。
「昨日も散々言たけどさ、その、家でならいくらでもするから、外ではするな。ほら、電車乗るぞ」
「ち
手を握りしめて、彼女を席へ連れた。バグを膝に置いたら、僕も隣へ腰かけた。
……手は握てくれるんだ」
「そり、な」
彼女がじろじろ僕の顔を見ている。可愛い。けどまあ、恥ずかしくて言えない。それにしてもずと見続けてくる。
「やぱりさ、眼鏡。無い方がいいよ。」
また、キスをされた。
……伊達ならな」
続きを読む »
« 読み返す