てきすとぽいトップページへ
第38回 てきすとぽい杯
 1  4  5 «〔 作品6 〕» 7  14 
「超ドベタ恋愛ストーリー」
酔歌
 投稿時刻 : 2017.04.15 23:34 最終更新 : 2017.04.15 23:43
 字数 : 1781
5
投票しない
目次
1. 窓からくる暖かい日の中に、君がいたという事だけ覚えている。
2. 「おはよ」
3. 「おはよう」
4. 男子どもが騒いでいると、丸時計が八時を指して鳴る。それと同時に教師も入ってきて、男は着席を余儀な
全ページ一括表示
更新履歴
- 2017.04.15 23:43:23
- 2017.04.15 23:34:59
4 / 4
男子どもが騒いでいると、丸時計が八時を指して鳴る。それと同時に教師も入てきて、男は着席を余儀なくされた。
教師が教壇に書類等を置くと、早速例の話題について触れた。
「もう聞いている奴もいると思うけれど、今日転校生が来ます」
クラスがざわつく。もちろんその中の一割が女子九割が男子だ。
「先生! その子は……女の子ですよね!?」
「そだよー
「よあああ!」
男子は興奮と歓声が混ざり合て、もう収拾は着かなさそうだ。
「んじ、もう会てもらうのが早いから、どうぞ」
ズの音に、ちとずつフドがかかる。いよいよその音が消えたとき、目の前にいたのはどこか見覚えのある女の子だた。
「始めまして。転校してきました、よろしくお願いします」
さらさらの髪の毛、いい感じのボデライン、そして可愛い。男子にとてはこれ以上ないほどの完成度。
だけれど、やぱりどこかで……
「あ」
すると女の子は、僕ににこと笑い小さく手を振た。やぱり何処かで会……も、し、や。
瞬時に記憶が脳内に流れ込んでくる。
ああそうだ。
幼い頃、僕が、その、前住んでた所の、近所の、僕が、好きだた、好きだた、好きだた。
好きだた!?
あーどうしよう。もう男子共に顔向けできない。いや、それ以前に、クラスにいる彼女に顔向けできない。朝キスもしたのに。
だけど、目の前の幼馴染に動機が収まらない。どうしよう。
朝の夢の内容と、時計の音が頭の中に鳴る。
、ピ、ピ
鳴る時計と僕の彼女と、僕の眼前に映る彼女が互い違いに映し出され、僕の脳はゲシタルト崩壊した。

若干のワクワクで。なんか恋愛バトル起きそうじん! 男共悪い、俺は一足先に恋を楽しむよ!
アデ
続きを読む »
« 読み返す

← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない