てきすとぽいトップページへ
第38回 てきすとぽい杯
 1  4  5 «〔 作品6 〕» 7  14 
「超ドベタ恋愛ストーリー」
酔歌
 投稿時刻 : 2017.04.15 23:34 最終更新 : 2017.04.15 23:43
 字数 : 1781
5
投票しない
目次
1. 窓からくる暖かい日の中に、君がいたという事だけ覚えている。
2. 「おはよ」
3. 「おはよう」
4. 男子どもが騒いでいると、丸時計が八時を指して鳴る。それと同時に教師も入ってきて、男は着席を余儀な
全ページ一括表示
更新履歴
- 2017.04.15 23:43:23
- 2017.04.15 23:34:59
1 / 4
「超ドベタ恋愛ストーリー」
酔歌


窓からくる暖かい日の中に、君がいたという事だけ覚えている。

、ピ、ピ
時計のアラーム音とよくわからない夢が、まだ頭の中を駆け巡ている。それも、次の電車を知らせる車掌の名に甲高いサインと、それを待つ乗客達の声によてかき消された。
眠い。
スマートフンのロクを解除すれば現れし、「月曜日」の表記。
目にすることはできないけれど、確実にメガネのフレームと同化している目のくま。
暇つぶしに開いた動画サイトの広告。
全てにイライラが存在する。
若干の意識の剥離を感じつつ鑑賞を続けていると、linoアプリが鳴た。その「ひこん」という音すら、今の僕は憎悪の対象として受け取てしまう。
なんだ?
「後ろを向け」
仕方ない。要望通り後ろを向こうではないか。まあ、これが友達でもない奴なら華麗にスルーを決めていただろうが……
て思てたら、僕は唇を奪われたわけだ。
2 / 4
「おはよ」
「おはよ、じねえよ。なんなのいきなり。皆見てるし。腕を絡めるな」
「いいじん恋人なんだから」
「親しい中にも礼儀ありてことわざ……ああ、お前なら知らんわな」
「ひどくない? 泣くよ?」
まあ、恋人はスルーできないよな。
取りあえず身体と身体を引き剥がしたら、スマホの電源を切た。
「昨日も散々言たけどさ、その、家でならいくらでもするから、外ではするな。ほら、電車乗るぞ」
「ち
手を握りしめて、彼女を席へ連れた。バグを膝に置いたら、僕も隣へ腰かけた。
……手は握てくれるんだ」
「そり、な」
彼女がじろじろ僕の顔を見ている。可愛い。けどまあ、恥ずかしくて言えない。それにしてもずと見続けてくる。
「やぱりさ、眼鏡。無い方がいいよ。」
また、キスをされた。
……伊達ならな」
3 / 4
「おはよう」
机と机の間を縫て自席にたどり着く前に、僕よりも前の席にいる友達が話しかけてきた。
「なあなあ」
僕は取りあえずカバンをかけ、椅子に座て友達と対話を始めた。
「なにさ」
「今日さ、噂の転校生来るらしいぜ」
随分と話が早すぎてついていけない所はあるが、細かく事情を聞くことにした。
「この前学校やめた奴いたじん、入れ代わりとして、なんと」
なんと?
「女の子が来ることになりました!」
突如として周りからザと音が鳴る。見ると、男子共が立ち上がていた。不細工な顔には少しの涙が窺える。
「元々男子校のここに、少しでも多くの女子がやてくることこれすなわち、神の祝福成り!」
「可愛い子だたら、俺付き合いたいな!」
「可愛い子ならいにお話しできるだけでも最高だ!」
「可愛い子がいいな!」
限定要素強すぎるだろ。
4 / 4
男子どもが騒いでいると、丸時計が八時を指して鳴る。それと同時に教師も入てきて、男は着席を余儀なくされた。
教師が教壇に書類等を置くと、早速例の話題について触れた。
「もう聞いている奴もいると思うけれど、今日転校生が来ます」
クラスがざわつく。もちろんその中の一割が女子九割が男子だ。
「先生! その子は……女の子ですよね!?」
「そだよー
「よあああ!」
男子は興奮と歓声が混ざり合て、もう収拾は着かなさそうだ。
「んじ、もう会てもらうのが早いから、どうぞ」
ズの音に、ちとずつフドがかかる。いよいよその音が消えたとき、目の前にいたのはどこか見覚えのある女の子だた。
「始めまして。転校してきました、よろしくお願いします」
さらさらの髪の毛、いい感じのボデライン、そして可愛い。男子にとてはこれ以上ないほどの完成度。
だけれど、やぱりどこかで……
「あ」
すると女の子は、僕ににこと笑い小さく手を振た。やぱり何処かで会……も、し、や。
瞬時に記憶が脳内に流れ込んでくる。
ああそうだ。
幼い頃、僕が、その、前住んでた所の、近所の、僕が、好きだた、好きだた、好きだた。
好きだた!?
あーどうしよう。もう男子共に顔向けできない。いや、それ以前に、クラスにいる彼女に顔向けできない。朝キスもしたのに。
だけど、目の前の幼馴染に動機が収まらない。どうしよう。
朝の夢の内容と、時計の音が頭の中に鳴る。
、ピ、ピ
鳴る時計と僕の彼女と、僕の眼前に映る彼女が互い違いに映し出され、僕の脳はゲシタルト崩壊した。

若干のワクワクで。なんか恋愛バトル起きそうじん! 男共悪い、俺は一足先に恋を楽しむよ!
アデ
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない