てきすとぽいトップページへ
第2回200文字小説コンテスト
 1  20  21 «〔 作品22 〕» 23  31 
ときがつながるとき
 投稿時刻 : 2018.04.20 22:34
 字数 : 200
5
投票しない
ときがつながるとき
武倉悠樹


 大学時代の友人と酒を飲んだ。何年ぶりだろう。年甲斐もなく夜を明かし、互いに酒も夜も弱くなたと笑いあた。別れ際、また必ず飲もうと約束し朝に散た。
 始発のシートに体を沈める。きと何年後かも、朝帰りの家路で宵の宴を振り返るのだろう。
 過去を懐かしみながら、同時に未来へも思いを馳せた。
 過去と今と未来が繋がていく。
 振り返る背中を笑う自分を振り返ている自分。皆二日酔いだと笑いつつ、まどろみへと落ちる。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない