てきすとぽいトップページへ
第2回200文字小説コンテスト
 1  21  22 «〔 作品23 〕» 24  31 
このシステム
 投稿時刻 : 2018.04.21 21:37
 字数 : 200
5
投票しない
このシステム
小伏史央


 義務教育課程を終えると、全員、文章を書かされる。内容の指定はないが、文字数が定められている。ごく短い文字数だ。何かを伝えようとするとすぐにオーバーしてしまう。でも、この文章の出来によて、将来が決まてしまう。書いた人の適性が自動的に判別されて、進学先や就職先を振り分けられてしまうのだ。
 そんな馬鹿な話があるか、と思う。思うのに、現にそういうシステムになていて、書かないと僕たちはどこにも行けない。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない