てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
土竜と呼ばれた男
 投稿時刻 : 2019.05.18 18:49
 字数 : 1290
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
うわ、切ないです。ずっとずっと穴を掘る。時に応じて何の穴かは変わるけど、ずっとずっと 彼は掘るんですね。

プロフィール画像
2019.05.18 21:00
バルバルサン @arutotto3448
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
>すずはら なずな様
はい、彼はずっと穴を掘ります。
きっと、他の人から見ると悲しい事なのだろうけど。
彼は、穴を掘ることに誇りを持っている…そう、書いた自分は思っています。

プロフィール画像
2019.05.24 05:20
ひやとい @hiyatoi
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
自衛隊で穴掘ってたの思い出しました。没頭力。

プロフィール画像
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
幸せなお話だと思いました。望むと望まざると行為に自ら意味を見つけ出しアイデンティティーに成就する。タイトルになるって素敵な認知のされかたです。

プロフィール画像
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
小野田少尉が、横井さんは天皇陛下からいただいた銃剣で土を掘った。だから横井さんとは会わないと言っていたのを思い出しました。戦時中は岩に穴を掘ったり、なんか現実的には考えられないことばかり起きたって何かに書いてありました。穴掘りもきっと重要な任務だったんでしょうね。

コメント前に
する
ネタバレを含む