てきすとぽいトップページへ
第10回 文藝マガジン文戯杯「気づいて、先輩!」
 1  10  11 «〔 作品12 〕» 13  18 
先輩、背中ががら空きでしたよ
 投稿時刻 : 2020.02.06 15:32 最終更新 : 2020.02.06 15:53
 字数 : 2166
5
投票しない
目次
1. 202X年。
2. _____
3. もう内戦も終わりかけの頃の話です。
4. 「先輩、ターゲットが狙撃ポイントに向かっています。狙撃ポイントに立ったら、即、トリガーを引いてく
5. 先輩は、ビルの入り口を出たところで。
6. 一週間後、世界中のメディアで大陸中国の民主化政府樹立のニュースがめぐっていた。
全ページ一括表示
更新履歴
- 2020.02.06 15:53:31
- 2020.02.06 15:51:52
- 2020.02.06 15:32:29
2 / 6
 
 この文章が公開される時には、中国は民主化され、私の名前も出せるのですが、今はまだ内戦中なので、名前は伏せます。
 ただ、19歳の女性だと言うことまでは公開します。
 高校を卒業して、民主化同盟に志願兵として入りました。
 訓練の適正検査で狙撃に向いている、いえ耐えられる人間性。
 過酷な環境でも耐えられるメンタル。
 格闘技で自分の身を守れることから、スナイパーとして訓練されました。
 スナイパーも狙撃の時には当然、ハンドガン、ナイフを持て、最低限の武装はします。
 ただ、狙撃時は狙撃銃を持ち歩くので、普通の陸兵みたいにアサルトライフは持ち歩けないので、ハンドガンとナイフで最後は戦うことになります。
 そのために狙撃時はマークスマンがいます。
 それができるために先輩のマークスマンになり、いざと言う時に先輩の背中を守るためにマークスマンになりました。
続きを読む »
« 読み返す