てきすとぽいトップページへ
第10回 文藝マガジン文戯杯「気づいて、先輩!」
 1  10  11 «〔 作品12 〕» 13  18 
先輩、背中ががら空きでしたよ
 投稿時刻 : 2020.02.06 15:32 最終更新 : 2020.02.06 15:53
 字数 : 2166
5
投票しない
目次
1. 202X年。
2. _____
3. もう内戦も終わりかけの頃の話です。
4. 「先輩、ターゲットが狙撃ポイントに向かっています。狙撃ポイントに立ったら、即、トリガーを引いてく
5. 先輩は、ビルの入り口を出たところで。
6. 一週間後、世界中のメディアで大陸中国の民主化政府樹立のニュースがめぐっていた。
全ページ一括表示
更新履歴
- 2020.02.06 15:53:31
- 2020.02.06 15:51:52
- 2020.02.06 15:32:29
3 / 6
 もう内戦も終わりかけの頃の話です。
 共産党政府の最高指導者を狙撃するチンスを見つけました。
 ただ、狙撃ポイントはベストとは言えないところです。
 とは言え、内戦を終わらせるためのチンスでした。
 ビルの屋上からタートを狙うためにはビルの合間からやとでした。
 事前に場所を確認もできませんでした。
 最高指導者が演説をするので、街も厳戒体制でした。
 なんとか私たちは味方の情報収集したポイントに演説の直前に陣取りました。
 そして、最高指導者の演説がはじまりました。
「先輩、かなり弾道が限られますので、ワンシトで決めてください」
「わかている」
 先輩と私は最高指導者の演説が行われるところを見ながら話した。
 先輩はこういう時でもリラクスしている。
 かと言て、緊張がないわけでもない。
 だから、民主化同盟でもトプの狙撃手だた。
続きを読む »
« 読み返す