てきすとぽいトップページへ
第10回 文藝マガジン文戯杯「気づいて、先輩!」
 1  10  11 «〔 作品12 〕» 13  18 
先輩、背中ががら空きでしたよ
 投稿時刻 : 2020.02.06 15:32 最終更新 : 2020.02.06 15:53
 字数 : 2166
5
投票しない
目次
1. 202X年。
2. _____
3. もう内戦も終わりかけの頃の話です。
4. 「先輩、ターゲットが狙撃ポイントに向かっています。狙撃ポイントに立ったら、即、トリガーを引いてく
5. 一週間後、世界中のメディアで大陸中国の民主化政府樹立のニュースがめぐっていた。
全ページ一括表示
更新履歴
- 2020.02.06 15:53:31
- 2020.02.06 15:51:52
- 2020.02.06 15:32:29
1 / 5
先輩、背中ががら空きでしたよ
樋口幸人


 202X年。
 コロナウルス、香港の沈静化を共産党政府はできなかた。
 そして、民主化を求める勢力が台湾と手を結んだ。
 当然のことながら、その後ろにはアメリカがいた。
 共産党政府はロシア、北朝鮮を国内の支配のために招き入れた。
 そして、中国大陸は内戦状態となた。
 私は民主化同盟の狙撃手、スナイパーのマークスマンをやていた。
 マークスマンはスナイパーをアシストしたり、狙撃中に敵の強襲からスナイパーを守たりします。
 よくゴルゴ13とかマンガだと、狙撃手が一人ですが、実際の軍隊の狙撃ではまずそんなことはありません。
 マークスマンがいないと狙撃任務はできません。
 マークスマンが狙撃のあたりをつけたりして、狙撃手は視界の狭いスコープで狙撃手を狙います。
 スナイパーはセミオートの狙撃銃を使うので、いざ敵が襲てきても連射ができません。
 一方、マークスマンは基本的にはアサルトライフルをベースにした短距離の狙撃にも使え、連射もできるオートマチクの銃を使います。
 今、私がマークスマンをやているのは、訓練所で教官だた先輩です。
 狙撃の腕は1,000m先のタートも狙える、凄腕です。
 私も先輩ほどではないですが、自分で言うのもなんですが、スナイパーとしては優秀でした。
 だからこそ、先輩のマークスマンとしてコンビを組むようになりました。
続きを読む »
« 読み返す