てきすとぽいトップページへ
第56回 てきすとぽい杯
 1  12  13 «〔 作品14 〕» 15 
おかえりはいらない
 投稿時刻 : 2020.04.18 23:45 最終更新 : 2020.04.19 00:30
 字数 : 1408
〔集計対象外〕
5
投票しない
更新履歴
- 2020.04.19 00:30:05
- 2020.04.18 23:46:02
- 2020.04.18 23:45:11
おかえりはいらない
小伏史央


 あれは一年後のことだたのか二年後のことだたのか、はたまた十年後のことだたのか。今となては思い出せない。

 彼に出会た日は雨が降ていた。家なしのあなたは屋根付きの商店街に入て、下ろされたシターの前で膝を抱えていた。
 暗黒の時代だた。商店街の店はすべてが閉まていた。果たしてそのうちの何軒のシターが、再び開く未来を迎えられるのか。
 街には家を失た人であふれていた。しかしその商店街には見渡す限りあなたのほかに人はいなかた。みんな、雨に流されてしまたのだろうか。
 脚をさする。薄手の服では寒かた。ただ唯一、リクサクがひついている背中だけが温かい。
 全財産を背負たまま、それを押しつぶすように背中をシターに預ける。

「そこのきみ」
 どれだけ時間が経たのだろうか。顔を上げると、目の前に見知らぬ男が立ていた。咄嗟に背中の感触に違和感を覚える。背負ていたはずのリクがなく、背中はすかり冷えていた。
 盗られたんだ。慌てて立ち上がた。
「返して」
 男に詰め寄り、その両手を目で探る。しかし彼は手ぶらだた。足元にも何も置いていない。周囲のどこを見渡しても、商店街は風が吹くだけの無人地帯のままだた。
「家なしかい」
 男が聞いてくる。
 改めて見ると、男が物取りでないことは明白だた。地味だが決してみすぼらしくないコート、仕立ての良いスーツ、ちらりと覗く腕時計。そのどれもがこの時代とは似ても似つかなかた。
「リクを盗られたの」
「よくあることだ」
「ちんと背負ていたのに」
「ベルトを切られでもしたのだろう」
 冷静な口調で言い返してくる。
 リクを取り返すのが難しいとわかてくると、だんだんこの男に怒りが湧いた。偉そうに言い返してくる、この男が何者だというのだろう。金のある者はない者に自由に話しかけていいという法でもあるのだろうか。
「誰?」
 だからあなたは、そう聞いた。
「ただの通りがかりだ。家に帰る途中でね」
「家があるんだ」
 言いながら、身なりを見れば当然だ、とも思う。
 しかし男は、首を振た。
「ここにはない。だから帰るんだ」
「帰る?」
 男は片腕を軽く上げた。裾から軽く腕が伸び、腕時計が露わになる。男はその盤面をあなたに示した。
「通りがかりのよしみだ。きみも家に帰るかい?」
 時計の針は、逆向きに回ていた。
「未来に嫌気が差してしまてね」

 それから彼とは行動を共にするようになた。彼と一緒にいると、明日は昨日になた。周辺の人はまるで変わらないように動いているように見えるのに、世界と二人の時間の向きはまたくの逆向きだた。秒針が一秒戻ると、世の中の時間は一秒進んでいるのに、あなたちにとては一秒戻ていた。
 そうしているうちに、一年前になり、二年前になり、五年前になた。
 五年前にもなると、あなたは実家に住んでいる頃になた。家に帰たのだ。
「きみとの逃避行もここまでかな」
 しかし、果たして五年前の家がある時期に帰たからといて、未来が変わるわけではない。このあとうちは貧困にあえぎ、ひどい家庭不和に陥り、破綻した。
「もと過去へと帰りたい。わたしの知らないくらいに、ずと昔へと」

 それからどれほど経たのか。
 あなたは自分の親が生まれるより前の時代にまで来ていた。その時代に当然あなたはいなかた。
 姿かたちをなくしたあなたは、わたしは? それでも未来には帰りたくないまま以前へと進んでいる。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない