てきすとぽいトップページへ
第57回 てきすとぽい杯
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9  13 
バスの口内
 投稿時刻 : 2020.06.13 23:39
 字数 : 1296
5
投票しない
バスの口内
小伏史央


バンジを弾きながらさだまさしが言た(言てないです)。
 この世は一両のバスである、と。
  たとえば、時間。時間は絶えず連続している。はじまりからおわりまで、時間は進み続ける。
  たとえば、地球。地球は何度も何度も、路線バスのように太陽の周りを回り続ける。

  この地域でもバスがリリース禁止になてから、しばらくが経た。
  それでも釣りの趣味をやめることはできず、時間を見つけてはバス釣りにやてくる。
  ルアーを取り付け、釣り糸を落とすと、さそく食いつきがあた。
  強い重みが腕にかかる。軽く泳がせたあと腕を上げ、リールを巻いた。
  待ちの少なさ、強い食いつき、力勝負に勝たときの快感。バス釣りはやはりクセになる。
  釣れたオオクチバスが、目の前で糸に吊るされたままぴちぴちと尾を唸らせている。
  針を外し、両手で掴んでその顔を見る。馬鹿みたいに口を開き、ぱくぱくと空気を食べている。
  やはりリリース禁止となると、罪悪感が湧き上がてきた。
  特定外来生物なのは知ている。知ているが、やはりこれもひとつの殺生なのだろう。
  ぱくぱくと開く、その口の中を覗くたびに、その口内に潜む小宇宙がこちらを覗き返している
  ような気がして、あまり気分のいいものではなかた。

  オオクチバスはその口の中に宇宙を見つけることが多い。
  タイラギに寄生するカクレエビのようなものだが、バスのほかに寄生していることはなかた。
  宇宙の中には無数の銀河系が集まている。銀河系のなかには人類のような知的生命体が住む
  星もあることだろう。地球のように太陽の周りを回り、時間を積み重ねて文明を築いてきた生
  命が、いくつもの星に広がていることだてあるだろう。
  しかし小さすぎて、電子顕微鏡でも持ち込まない限り確認は困難だ。
  それに珍しいことでもないし、調査には金がかかる。たいてい、バスの中から出てきた宇宙は
  そのまま醤油漬けにすることが多かた。

  帰宅後、数匹のオオクチバスで夕飯を作ることにした。
  バスは臭いとよく言われるが、下処理をきちんとやればこれが案外と美味い。
  持ち帰る前、釣ている間に、バケツに溜めた綺麗な水に泳がせておく。こうすると泥を吐く。
  そして家ではまずウロコを落としてから、水でよく洗い、腹を裂く。内臓を取り出す。
  内臓を取り出すと口付近の宇宙が残る。ものによて大きさが違うから、頭を切り落とす前に、
  腹の側から口のほうへと手を伸ばし、宇宙を摘まみ取るとよい。先に頭を落としてしまうと宇
  宙が割れてしまうことがあて、そうすると破裂した水風船のように消えてしまう。
  宇宙が取れたら、ヒレを落とし、続いて頭も切り落とす。これで下処理は終了だ。
  今日は天ぷらにした。よく衣のついたバスと、醤油につけた宇宙がいくつか。
  この組み合わせが良いんだ。

  食べるといつも、この宇宙のことを考える。
  私が宇宙を食べている、この宇宙もまたどこかのバスに寄生しているのかもしれない。
  バスに乗せてもらて川を泳いでいる。
  でもそのうち特定外来生物として釣られる運命なのかもしれない。
 終わりがいつ訪れるかなんてわからない。わからないまま食事を終える。
スイーツ専門店のプリンをおやつに食べる。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない