てきすとぽいトップページへ
第65回 てきすとぽい杯
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5  8 
寝坊は地球を救う
 投稿時刻 : 2021.10.16 23:42
 字数 : 782
5
投票しない
寝坊は地球を救う
犬子蓮木


 寝坊した。
 本当はもとはやく起きなければいけなかたのにもう太陽が高くのぼてしまている。どうしようかと思たけれど、覆水は盆に帰らず過ぎ去た時間は取り戻せない。もう一度寝てしまおうかとも思たけれど、さすがそれはどうかと思える程度の良心はあたので起きあがり、一応、精一杯向かたんだよという風を装うことにした。どんなにがんばても間に合わないし、たぶんあいつももう待ていないだろうけど、それでもまあ明日あたときに「なんで待ててくれなかたんだ、ちと遅れて行たのに」ぐらいは言えるようにしておかないとな。
 待ち合わせ場所に着いた。
 やはりあいつはいなかた。たた数刻も待ていてくれないなら薄情なやつだ。かわりに知らない人がいた。どうも困ているらしいので助けることにした。
 そうしていろいろあて、僕はその人と結婚し、子供もできて、幸せに暮らした。

 ずと未来へ。
 遠い未来へ。

 大きなテロが計画されていた。
 もし実行されれば数人や数百人の犠牲では済まない。世界中で大勢の人が亡くなるようなものだた。だが、さすがにそれだけの規模の計画だたため、組織から情報が漏れ伝わり、対策の部隊が組まれた。
 今日は突入の日。
 青年はしかりと目を覚ました。同じ部屋で眠ていた友人を起こし、緊張を隠しながら軽口を叩く。
「おら、起きろ。寝坊したら、世界が滅ぶぞ」
「あと五分……
 友人はそう言いながらもさと起きる。
 二人はこのあと命がけの戦いをくぐり抜け、世界の悲劇を未然に防ぐことに成功する。
 大変な戦いで味方に多数の犠牲を出すけれど、世界は救われるのだ。
「さあ行こうか」
 二人は知らない。遠い先祖をたどると共通の人間が現れることを。
 二人は知らない。その先祖が寝坊したから出会いがあて、子が生まれ、子孫が繋がり、今、この二人が存在していること。
 寝坊してなければあぶなかた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない