てきすとぽいトップページへ
第12回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・紅〉
 1  3  4 «〔 作品5 〕» 6  12 
ジュカ
 投稿時刻 : 2013.12.14 23:42
 字数 : 1606
5
投票しない
ジュカ
犬子蓮木


   0

 僕は眠ていた。
 メニカはまたどこかに行ているらしい。魔法使いは夜に仕事をするんだよて彼女は言う。子供はなにも心配しなくていいから、と僕にくわしいことは教えてくれない。
 だから僕は、次のときこそメニカの後を追いかけてみようと思うんだ。
 今日はダメだたけど、次こそは。


   2

 僕は眠たふりをしている。
 メニカに仕事が入たことを知ていた。だから今日こそあと追いかけてどんなことをしているのか確かめてやろうと思ていた。
 街のイヤな奴がいうみたいにおかしな仕事をしてないて証明するために。
 足音が聞こえた。
 僕は寝返りをうて扉を背に布団の中でまるまる。
 扉が開いた。メニカだ。長いローブをひきずるような音がする。メニカは僕のベドのそばに寄てきたらしい。メニカが僕のあたまの上の布団をあけた。
 バレないようにうその寝息をだす。
 大丈夫だろうか。
 メニカは魔法使いだ。
 でも、心は読んだりできないて言てた。
 だから大丈夫なはず。
 もしそんなことできるならもと早くから怒られてるはずだし。
「いてくるね」
 メニカが小さな声でつぶやいた。
 僕はドキドキしてふるえている。
 なんだかすごいやさしそうな声だた。
 どこにいくのだろう。
 いてらい、と僕は心の中で言てから、追いかけるからねてじぶんと約束した。
 布団があたまの上に落ちてきて、びくりしてたら、扉が閉まる音がした。


   4

 僕は布団の中で震えている。
 メニカの後を追いかけて、メニカの仕事がなにかを見てきた。そこでメニカがやたことはまたく信じられないものだた。
 足が痛い。帰りに慌てて走たときに転んでしまた。血がでたけど、かまわず逃げるように帰てきた。
 玄関の扉がしまる音。メニカだ。帰てきた。
 僕はぎと小さくなる。メニカが僕の部屋に近づいてくる足音が聞こえた。そして扉がひらく。
「ただいま」
 メニカが言た。小さな声。僕が起きていると思てはいないだろう声だ。
 メニカが僕のかぶていた布団を静かにずらす。
 眠ているふりをしよう。なにも見なかたことにしよう。そう思たけど、ダメだた。僕の震えはとまらなくて、メニカが驚いたような声をあげた。
「ジカ、どうしたの?」
 メニカが僕の額に手を置く。それから僕のからだを軽くゆすた。
……うん」
 僕はいま起こされたとでも言うようなふりをして、メニカのほうに体を向けた。
「寒い? 顔まさおだよ」
 メニカが杖で床をコツンと叩くと錆びついた燭台が伸びてきて、その先に火がともた。
「火にあたりな。それとも暖炉のところへ行こうか」


   6

「メニカは人殺しなの?」
 僕は震えながら言た。
 暖炉の中で炎がこうこうと燃えている。
 僕は、メニカが女の子の命を奪うところを見てしまたのだ。
 メニカは、僕がメニカの仕事を見た、と言た瞬間から目を大きく開いて黙ていた。いん、怒られるかと思た。でも怒らなくて、ふう、と息を吐いてからメニカが話してくれた。
「そうだよ」
 メニカが言う。
「お金をもらうために、そういうことをするときもある。もちろんしないときもあるけど」
 メニカが真剣な表情で僕を見つめる。それからいろいろ説明してくれた。
「生きていくために命を奪うことは仕方がないことだよ。魔法使いでなくても、何かを食べて生きている」
 僕はメニカの話を聞こうとするけど、どうしてもなんだかわからない。
「わたしのこと嫌いになた?」
「うん……そんなことするメニカは嫌い」
「そ……」メニカが暖炉の火を消した。「いろいろ混乱してると思うからもう寝なさい」
 メニカが僕を連れるように立つ。一緒に部屋へと戻て、僕は布団の中にはいた。
「見たことを他の人に言わないということだけは約束して」
……うん」
「よし、偉いね。それじあおやすみ」
 メニカの唇が僕の額にあたる。
 僕は返事をできなくて、ベドの中で涙を流して、いつのまにか眠てしまた。
 夢は僕がメニカに殺される夢だた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない