てきすとぽいトップページへ
第12回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・紅〉
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5  12 
脱出ポッドの三人
るぞ
 投稿時刻 : 2013.12.14 23:40 最終更新 : 2013.12.14 23:46
 字数 : 2299
5
投票しない
更新履歴
- 2013.12.14 23:46:26
- 2013.12.14 23:44:53
- 2013.12.14 23:44:06
- 2013.12.14 23:43:24
- 2013.12.14 23:40:36
脱出ポッドの三人
るぞ


俺たち三人だけが、脱出ポドから出ることが出来た。
他はそもそも乗ることさえ出来なかた。みな爆発する宇宙船の中で死んでしまた。
降り立た俺達が、振り返てまず最初に見たものは、無論のこと命を助けてくれたポドの姿だた。
燃え盛り、爆発を繰り返す宇宙船から脱出してきたためだろう。
脱出ポドはうすらと焦げ付いていた。頼りなく見えるが、脱出の役には足てくれた。
ドは着地時の衝撃を抑えるための、重力調整機能を搭載しており、これは着地時の衝撃を抑えるのみならず、乗員が降りる際には、スムーズに活動できるよう、周辺の重力を地球と同じ強さに保つ機能がある。
おかげで俺達は、安全に外に出られた。
だが、同時に絶望も外にはまていた。
窓のないポドから出た俺達が見たものは、案の定不毛の大地であた。
生物が棲めるようには見えない。
それはそうだろう。
この辺りで、空気の層を保てるほどの大きさがある星は、MZ星の一つしかない。
MZ星はテラフムされているため、人間が生きていける濃度の大気があるはずだが、逆に言えばテラフムされたはずの土地が、こんなに不毛なわけもない。
他の星は小さすぎて、いずれも大気の層そのものがない。
と、宇宙服を着た同乗者のうちの一人(女ということは憶えている)が声を上げた。
「待て、あれ……なに?」
女が指差した方には、巨大な鉄くずの残骸とも言うべきものが聳え立ていた。
内部がむき出しになた状態で、錆付いた巨大な鉄の塊。
俺は思い出していた。
遠い昔この近辺の宙域にあたという、ステーンのことだ。
確か何らかの事故で、俺達の宇宙船の様に爆発四散して、近隣の星々にパーツが墜落したらしい。
長い年月を感じさせるように、残骸はぼろぼろに錆付き、見る影もなかた。
「人の痕跡よ!! 人間の痕跡だわ!! 私たち助かたのよ!!」
女がふらふらと、錆付いたステーンの残骸の方へと駆けていた。
「おい待て
俺の声はトランシーバ越しで彼女に届いていたはずだが、女は振り向きもせず行てしまた。
「馬鹿女め……
いや、馬鹿というよりはこの過酷な状況で、気がおかしくなてしまたのだろう。
長い間の宇宙船の楽ではない生活の後、ギリギリの状況で他の船員を押しのけて脱出ポドにこぎつけ、たどり着いたのがこんな場所では、いそ彼女の様に侠気に走たほうが楽だたのかもしれない。
どのみちあんなボロボロのステーン跡に、まともに使える道具など残ているまいに。
「残たのは俺とお前だけか……
…………
もう一人の同乗者は、しかし黙たまま、宇宙服のポケトに手をいれ、奇妙な柄のようなものを取り出した。
高周波ブレードだ。血も流させず、何もかも焼ききる。
「だろうな」
俺は自嘲した。
それはそうだ。ポドに残された物資は僅かだ。
わずかな代えの酸素パク。わずかな水。
少しでも長く生き延びて、救助を待つには、とてもではないが二人分はない。
特に酸素は、一日ともたないはずだ。
うかつにポドから離れた女には、もはやこれらの物資を手に入れる手段はなくなたと言える。
だが、残りはまだ二人いる。ならば、生きるためにすることなど、一つしかない。
中の人の姿を見た事がないため、性別も人種もわからない宇宙服の相手は、無言でこちらに切りかかてきた。
今俺が着ている宇宙服であろうと難なく切り裂けるだろう、高周波ブレードだが、俺も無抵抗なわけがない。
ドに密かに持ち込んでいた、携帯用火炎放射器を構えて相手に向け、トリガーを引いた。酸素と可燃物質の両方をまくため、宇宙でも使える代物だた。
殺人だ、と迷ている暇はない。生きるか死かだ。
高周波ブレードに火炎放射器の燃料をぶちまければ、地球では大爆発が起こてどちらも死ぬだろう。
だが、ここは大気のない真空空間だ。リーチではこちらに分がある。
俺は生き残るのだ。絶対に。

-----------------------------------------

「本当に奇跡だわ」
私は、宇宙服を脱ぎ捨てながら、笑うしかなかた。
錆付いた宇宙ステーンの残骸の下で、笑ていた。
何か残ているものがないか見回してみたが、さすがに何も残てはいない様子だた。
、仕方あるまい。ステーンの錆を近くでしかりと確認できたのだから、それで十分だた。
そう、長い年月を物語るように、ボロボロに錆付いていた。
この辺りの星は小さすぎて大気自体がないか、あるいはMZ星というテラフムされた土地か、どちらかしかあり得ない。
物がこんなに錆びているのなら、それはつまり物を腐食させるだけの大気があるということだ。
MZ星の酸素に他ならない。
辺りは不毛の土地だが、単純にこの辺りが、砂漠気候だただけということだろう。
テラフムしても土が悪かたりすると、どうしても砂漠地帯は出来る。
そういう意味では、大当たりの落下地点とは言いがたいが、しかし砂漠地帯は層広くなかたと記憶している。
おそらく歩いていける範囲内に、人の住む土地があるだろう。
「まさか、沢山の星の中から、MZ星に落ちるなんて、神様の思し召しは、本当にあたのね」
私は、そういえば同乗者の二人を置いてきてしまたことを思い出した。
ドの中ですごした時は、とてもギスギスしていた。
怖い人達だたけれど、それは生きるか死ぬかの状況で気が立ていたからだろう。
二人が来ないのであれば、しばらくしてから迎えに行てもいいかもしれない、と思たが、とまれしばらくは、宇宙服の中では長らくお預けだた、空気に満ちた風を体中の肌で味わていたかた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない