てきすとぽいトップページへ
犯人はオレだ! シンを背負いし者大賞
 1  2 «〔 作品3 〕» 4 
ありあなぽい
 投稿時刻 : 2014.02.23 11:10 最終更新 : 2014.02.23 11:15
 字数 : 1587
5
投票しない
更新履歴
- 2014.02.23 11:15:17
- 2014.02.23 11:10:49
ありあなぽい
工藤伸一@ワサラー団


「てきすとぽい」の前身だた「テキスポ」に続いて「アリの穴」まで閉鎖されてしまたそうなので、投稿者への救済措置として「ありあなぽい」を作てみることにした。サイト名は「てきすとぽい」のパクリだけれど、空気が全く違う。「てきすとぽい」は「テキスポ」同様に作者名が明かされていて、なおかつ和やかな雰囲気に包まれていると感じている。やはり個人が特定される環境において、常識の持ち主なら滅多なことは書けないものだ。エログロとか作風の話じなくて、作品に対するコメントに本音をさらけ出すことが出来ない。良心的なコメントが建前に過ぎないと感じる根拠は、どんなに褒められていても点数が低かたりする事態が証明している。まあでもどんな悪文であろうとも褒められる箇所はあるものだし、それより面白い作品があれば評価を低くせざるを得ないから、それは仕方ないことだ。なんて考えた末にコメントをしなくなてしまたのである。「てきすとぽい」を叩く者も幾名かいるけれど、彼らもその二枚舌が気に喰わなかたのだろう。とはいえネト上には数多くの投稿サイトがあるから、別に一か所にこだわる必要もないので、過剰反応に思える。だから彼らを擁護するつもりはないものの、気持ちだけは汲むことが出来るといたところだ。そしてその本音をぶちまけられる辛口サイトこそ「アリの穴」だたのである。名無しだから傍若無人も許されるというのは、いかにも「2ちんねる」関連サイトらしい空気だ。この先どう続けたらいいか分からないので、とりあえずこのまま放置しておくが、締め切りまで時間もあることだし、いい案が浮かんだら再開しよう。なんて言いながら最後まで更新されなかたなら、それこそ悪の極みである。そもそも生きていることそれ自体からして悪いことだと思てきたような人間だから、いまさら悪事とか言われても数え切れない。そのような思いを抱く者は決して少なくはないだろう。特に震災以降、いそうその傾向が強くなた。あの地獄のような状況下で、我を顧みず人助けに尽力した善人たちのエピソードが大量に報じられた。それらを知る度に自分の至らなさを咎められているような気分になて落ち込むようになた。あんなに沢山の良い人たちが死に、良いところの殆どない自分が生きていていいのだろうか。できることなら自分が代わりに死ぬべきだたのだという思いを背負いながら、のうのうと生き延びてきた歳月と共に、自己嫌悪は増大してゆく。もちろん自分の死が誰かの命を復活させるわけではないのだから、それは馬鹿げた狂人の妄想に過ぎない。せめてそういた心情をモチーフにして何か書ければと思い、このようにして悪事を重ね続けているのだ。これは被害妄想というより加害妄想ということになるが、数ある未解決事件について知るたび「犯人は私です」と自首したくなる。でも本当に犯人なわけではないから、そんな愚行を実際にしたことはない。とはいえ凶悪な事件が発生するたび、どうしても拭いきれないのは、どうして自分はその場にいて未然に事件を防ぐことが出来なかたのだろうという、実に下らないヒロイズムを持ていながら、そもそも警察や自衛隊や消防団といた仕事に就くことすら怖くて出来なかたのだから、そんな英雄気取りは笑止千万である。警察や自衛隊や消防団を賛美するなら、お前がそこに属せばいいのに一体どういうつもりなんだ。なんて捻くれたことを思ているからこそ、生きているだけで悪なのだ。そういう意味で古今東西の未解決事件の犯人は全て私である。なお改行をしていないのは読者への嫌がらせ。そのくらい何とも思わない。何せ悪人なのだから。ようやくここで「ありあなぽい」のことを思い出したが、もともと作てないんだよね。ここに書いたことは全てウソ。というのもウソ。というのもウソ。(つづく?)
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない