てきすとぽいトップページへ
第17回 てきすとぽい杯〈GW特別編〉
 1  37  38 «〔 作品39 〕» 40  49 
The Not-Friendly City
 投稿時刻 : 2014.05.06 23:22 最終更新 : 2014.05.06 23:43
 字数 : 2102
5
投票しない
更新履歴
- 2014.05.06 23:43:13
- 2014.05.06 23:36:21
- 2014.05.06 23:32:43
- 2014.05.06 23:22:43
The Not-Friendly City
゚.+° ゚+.゚ *+:。.。 。.


 御堂筋線とかいう地下鉄に乗りたかたのだが、御堂筋と書いてある看板に従て高架下を歩いていたら何故かJRの切符売り場にたどり着いた。JR大阪駅の御堂筋口というところだた。またくもて梅田駅という場所は恐ろしい。やはり僕は都会というのには向いていないのだ。
 身近にあるのはいつだて辛気臭い田舎の光景だた。垢抜けない町並み、噂好きの近所のおばさんたち、圧倒的物資とイベントの不足。アメリカに住んでたときだて、郊外に住んでいて流行のおもちが手に入らなくて不満ばかりだたけど、8歳で日本に帰国した後も、首都圏から遠くはなれた場所に住んでいたから、セーラームーンの放送は2クール遅れだたし、仮面ライダーにいたてはTVで見ることが不可能だた。僕は田舎が嫌いだ。両親がそうではないものだから余計に不満だた。赤毛のアンの実写映画とか、あんなのの何に情緒を感じればいいというのだ。ただ田舎で田舎ぽい娘がはしいでるだけの映画だ。両親はあの手合いの、田舎が舞台の辛気臭いビデオを小さい頃からよく僕に買い与えた。その中に、キスパーという子供向けの映画も含まれていた。
 道に迷いながらもう2時間はあてもなく歩いている。こういう時てなんて言うんだけ、足が……ステクみたいになる……、ええと、ああ、そうだ、足が棒だ。帰国してから10年も経つというのに、未だに僕は時々日本語の単語がすると出てこなくて英単語を口にしてしまうことがある。そういうのが昔から同級生に嫌がられている自覚はあたのだが、どうしようもなかた。別に英語ができることを鼻にかけてるわけではなかたのに、どうして悪意を持て解釈されてしまうのだろう。笑い飛ばしてくれたのは、あの子だけだた。
 見える、のは、小さい頃からの悩みだた。害を加えるやつばかりではないけど、誰にでも見えるものじないのが見えるのは、やぱり薄気味悪かたから。そんな僕のコンプレクスを払拭してくれたのもあの子だた。8歳の、帰国したばかりの頃、出会た、あの子。学校で友達ができず、めそめそしてた僕を、気遣てくれた。毎日僕の部屋に来て、遊んでくれた。そんなあの子は、僕がアメリカから持てきたものに色々興味を示していたけど、中でもキスパーの映画が何故かずとお気に入りだた。
 見たことのない読者諸氏のために簡単にあらすじを説明しよう。幽霊屋敷と呼ばれているある空き家がある。そこに、大金が眠ているという噂を聞きつけてやてきた強欲な男女と、幽霊研究家の親子がやてくる。屋敷にはいたずら子の幽霊が3人と、心優しい幽霊・キスパーが憑いていて、いたずら子3人はその招かれざる客を4人とも追い出そうとするのだけれども、キスパーはキトという名前の研究科の娘が好きになてしまて、色々とトラブルはあるけれど、最終的にオトモダチになる。娘は学校に友達がいなくて、ホームパーでぼちになるのだが、そこへ、一時的に人間の姿になれたキスパーがエスコートしに登場するのだ。
 三浦、と名乗た子猫の幽霊は、この映画が何故か大好きで、何度も何度も僕にこのビデオを再生しろ、と要求した。高校生の頃、僕は思わず言てしまた。「確かに映画の中では二人は仲良くなてハピーエンドだけどさ。幽霊は死なないし歳を取らないけど、人間はいつか大人になるし家を出て行くし死んじうから、別れなきいけないんだぜ。哀しいだろ。俺とお前の関係だてそうだ――て。それは確かに本音だたのだけど、別に、三浦を傷つけるつもりじなかた。
 三浦は困たような顔をして、言た。「私が一緒にいたら、タケルは哀しいの? 私は、タケルと一緒にいないほうがいい?」
 御堂筋線を探すより、誰かと触れ合うことの方がずと難しくて苦しい。高校生の時の自分は、どうしてもと、自分の気持ちをちんと伝えられなかたんだろう。
 三浦がいてくれたから、学校で一人でも寂しくなかた。自分は決して孤独じないんだて思えてた。でもそれじあ、ダメなんだていう風にも、思ていた。三浦だけじなくて、ちんとした現実の人間の友達も作らなき、これから先、僕は生きてはいけないんじないかて、ちと焦てただけだたんだ。もしかしたら、そんな弱音を口にしていたら、三浦はまた、僕に勇気をくれて、背中を押してくれたかもしれない。でも、現実はそうはならなかた。僕の言葉足らずのせいで、三浦は、僕の前から姿を消してしまた。あれから2年、ずと三浦の姿を見ていない。
 御堂筋線だて、これから泊まりたいホテルの場所だて、明日下見に行きたい大学の場所だて、多分、勇気を出してその辺を歩いているヒトに聞けば、きと親切に場所を教えてくれる。でも、一度傷つけて自分の前から姿を消してしまた子猫の幽霊とのよりの戻し方なんて、誰に聞いたて教えてはくれないだろう。僕は取り返しのつかないことをしてしまたのだ。
 未練がましく未来を見られない未熟な男のため息が人ごみの中に吐き出され都会の空気と混じり消えていた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない