てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
松原奇譚
茶屋
 投稿時刻 : 2013.03.16 23:24
 字数 : 2687
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
2013.03.18 20:12
小伏史央 @u17_uina
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
着眼点が良いな、と思いました。確かに、狸は山で出てくるとまだ聞きますが(私事ですが、一番最近では去年、岡山県の津山で見かけました、狸。参考までに)、狐の話は聞きません。ときには尻尾を掴んでやりたいものです。趣があって好みな作品でした。でもふと思うに、狐を口説く若者ってなんなのでしょうね。執筆おつかれさまでした。

プロフィール画像
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
おおお、1時間でこれは・・・三段落ち?的な構成も綺麗に纏まってて、すごいなあ。淡々とした文章に思えるのに、どこかしっとりしているというか・・・雰囲気があって、読後感がとても良かったです。

プロフィール画像
長編にして書いたりしないのかにゃあ。骨太な小説になりそー。

プロフィール画像
2013.03.24 21:16
ひやとい @hiyatoi
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
時の流れというものはあらゆる営みを儚くしますね。そこがいいんですけど。

プロフィール画像
「しっぽ」というカギで開けた引き出しから
さらさらさらりと話がでてくるのはやはり凄みを感じるところで、、
大変面白く読めました。

コメント前に
する
ネタバレを含む