てきすとぽいトップページへ
第20回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  10  11 «〔 作品12 〕» 13  47 
ミツマタノオロチ
 投稿時刻 : 2014.08.16 22:50
 字数 : 1000
5
投票しない
ミツマタノオロチ
永坂暖日


 元は、奇形であるが普通の蛇であた。
 頭が三つあるが、頭が一つの蛇の三倍、頭が良いわけでもなかた。
 いつも近くに自分以外の頭が二つあて、いつもついてきていたから、どうやら二つの頭は自分の一部らしい、ということは理解していた。
「真ん中の。さきここにあたネズミ食べた?」
「うんに。左のに横取りされた」
「違う。右のがもう食べた」
「嘘つくなお前ら。我、全然空腹なんですけど」
「頭三つあるからな」
「体一つだけど」
「前から思てたけど、それおかしくね?」
「待て。誰が何したの」
 理解していたが、自分以外の二つの区別はいまいち付いていなかた。
 体は一つだが頭は三つあるので、ぞれぞれが腹減たな、といつも思ていた。それ故、頭が一つの蛇の三倍、その蛇は食べた。もりもり食べたので、もりもり成長した。
 ある時その蛇の頭のどれか一つが、その蛇は知る由もないが地上に遊びに来た天女がうかり落としたおやつの仙桃を食べ、長寿を得た。
 その蛇は自分が長寿になたことも知らず、相変わらずもりもり食べていたので、気が付けば樹齢五百年を超える大木より太い体になていた。
「他の二つの。なんか我ら、体が大きくなてね?」
「どちか一つの。やぱそう思う?」
「我以外の。道理で腹が減ると思た」
 そうしてその蛇は、やはりもりもり食べた。
 やがて山だけでは食料が足りなくなり、その蛇は人里へ向かい、そこでももりもり食べた。村人に石を投げられたが、その石も食べた。鍬や鋤を持て向かてくる村人は、口を開けて待ち構えて食べた。
 数が減た村人は困り果てて、一人の巫女に助けを求めた。化け物退治が得意という円熟した美しい女だた。
 巫女を見たその蛇は色めきだた。
「巫女萌え!」
「熟女も悪くない。むしろ良い!」
「待て。我、心は雌だていま気が付いた」
「どちか一つの。それマジ?」
「え、熟女好きのこと?」
「我もそれ気になる」
 その蛇を退治しようと巫女が構えているのに、その蛇はもはや巫女そちのけであた。
 巫女は昔、双頭の蛇を退治したことがあた。あの時はすでに頭の一つが潰れていたが、今回は頭が三つ。しかもどれも健在である。しかし、頭が悪そうだ。
 そこで巫女は、呪力を与える代わりに自分の式神にならないか、と提案した。
「なるなる!」
「地の果てまでついて行きます!」
「えー
 一つの頭だけ不満そうだたが、その蛇はこうして巫女の式神となた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない