てきすとぽいトップページへ
第20回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  11  12 «〔 作品13 〕» 14  47 
お母さん助けてボーイ
 投稿時刻 : 2014.08.16 22:55 最終更新 : 2014.08.16 23:41
 字数 : 1000
5
投票しない
更新履歴
- 2014.08.16 23:41:24
- 2014.08.16 22:55:50
お母さん助けてボーイ
晴海まどか@「ギソウクラブ」発売中


 彼は、毎日演技をしている。
 学生時代、中学生の頃に、彼は一度だけ体育館のステージに立たことがあた。三年生の送別会で芥川龍之介の『杜子春』の劇をやたのだが、何を間違たか仙人役に抜擢されたのだ。多分、猫背で老け顔だたから。だけど、そんな表舞台に立たのは一度きり。なのに三十過ぎてから、まさか演技をするだなんて思てもみなかた。
 ちなみに脚本はちんとある。

 彼は、毎日女性と待ち合わせをしている。
 毎日ていうのは少し大げさかもしれない。ほぼ毎日、数日に一度は約束するのに失敗することがある。とはいえ、彼はかなりの頻度で女性と待ち合わせをしている。もともと、彼は女性が苦手だた。話しかけられただけで顔が赤くなり、言葉を返そうとすればどもた。けど、電話越しに取りつけた約束の相手だたら、驚くほどに平然としていたられた。相手の年齢的なものもあるかもしれないけど。
 ちなみに、待ち合わせの相手は十回に一回くらい、男性になることもある。

 彼は、毎日お金を運んでいる。
 できればお金は生で運びたくないと彼は思う。本当は銀行振り込みにしたい。札束を持ち歩くとか、深く考えると手が震えてしうがなくなる。実は、彼は一時期借金を抱えていたことがあた。借金の理由は女だ。数年前、彼がほんの短い期間に務めていた会社の上司に連れられて行たキバクラのお姉さん。単純な彼はその女性に面白いくらい貢いでしまたのだた。
 ちなみに、それ以来彼はブランド物のバグと香水とお酒を苦手にしている。

 彼は、毎日電話をかけている。
 とあるサイトで購入した携帯電話を、このところ使ている。少し型は古いが、そもそもスマホというものをいまだに使いこなせていない彼には、まずまずの使い勝手である。長く使うものではないのがもたいなく思えるくらいだ。今の携帯電話というやつは無駄な機能が多すぎる。電話というのはメールと通話以外のことができる機械なら、『電話』を名乗る必要性がないのではないかと彼は考える。
 ちなみに、携帯電話の色は傷がついても目立ちにくいシルバーだ。

 彼には、俗称がある。
 最近、それが変わたのでちとアイデンテの危機を感じなくもない。はきり言て、以前の俗称の方がリズム感はよかたんじないかと思ている。
 ちなみに、彼の必殺技は「オレオレ」という巧みな話術で老人のタンス預金を引き出すことである。意外と戦闘力高いよ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない