てきすとぽいトップページへ
第20回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  43  44 «〔 作品45 〕» 46 
乙女の口づけ(魔法カード)
 投稿時刻 : 2014.08.30 22:59
 字数 : 1000
〔集計対象外〕
5
投票しない
乙女の口づけ(魔法カード)
三和すい


 ――かり! しかりして、ペンギンさん!

 遠くで誰かの声がした。
 闇の中をさ迷ていた意識が、不意に戻る。
 目を開けると、すぐ近くに美しい女の顔があた。こちらを覗き込むその顔は、涙で濡れている。
…………シアン」
 どうにか動いたくちばしで名前を呼ぶ。彼女が必死に何か言ているが、酔いどれペンギン剣士の耳には何も聞こえない。
 彼女の涙を拭こうと短い翼をあげようとするが、動かない。起き上がるどころか、身じろぎひとつできない。
 それはそうだろう。魔王が放た闇の力をまともに受けたのだ。無傷で済むはずがない。 だが、踊り子のシアンにケガはないようだ。
(良か……
 愛しい女の無事な姿に、酔いどれペンギン剣士は安堵した。



 仲間たちとともに魔王の城に侵入した酔いどれペンギン剣士は、魔王の配下を倒しながら魔王がいる広間を目指していた。途中さらわれた人たちを見つけ助けたが、その中に踊り子のシアンの姿はなかた。聞くと彼女は少し前に魔王の間に連れていかれたらしい。
(無事でいてくれ)
 祈りつつ魔王の間に飛び込むと、彼女は今まさに生け贄に捧げられようとしていた。
 一瞬の隙をついて彼女の戒めを外したが、それを見逃してくれるほど魔王は甘くなかた。
 魔王の手に黒い力が凝縮されていくのを見て、酔いどれペンギン剣士は懐から取り出したモンステラの葉を、迷わず踊り子に押し付けた。
 ただの観葉植物の葉ではない。森の奥に住む闇鳥からもらたものだ。
 闇の力を防いでくれるモンステラの葉は、シアンの身を守てくれた。だが、酔いどれペンギン剣士は瀕死の状態だ。体の感覚も、痛みも感じない。
(……我が輩は、死ぬのか……)
 覚悟を決めて目を閉じた時、くちばしに何かやわらかいものを感じた。
 春の光のようなあたたかい力が、くちばしから全身に広がていく。
 闇に沈みかけていた意識が、明るい光に包まれる。
 そして、


……◯◯◯様?」
 耳元でかつての名前を呼ばれ、酔いどれペンギン剣士は飛び起きた。その体に、踊り子のシアンがすがりつく。
「シ、シアン?」
 驚いてあげた声が、今までと違ていた。
 いや。これは自分が人間だた頃の声だ。
 すがりつくシアンの体を抱き止めたのも、短い翼ではなく、人間の手だ。
 信じられない気持ちで自分の体を見ると、彼は人間の頃の姿に戻ていた。



【効果】
古くから伝わる呪いの解除方法。
このカードを使うと、呪術系のバドステータスをすべて解除できる。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない