てきすとぽいトップページへ
第1回てきすとぽぽい杯(15分拡張版)中止と見せかけ、ゲリラ開催
 1  5  6 «〔 作品7 〕» 8 
どらえもん
 投稿時刻 : 2014.09.21 00:00 最終更新 : 2014.09.21 14:44
 字数 : 1002
5
投票しない
更新履歴
- 2014.09.21 14:44:22
- 2014.09.21 00:08:45
- 2014.09.21 00:07:23
- 2014.09.21 00:06:56
- 2014.09.21 00:00:06
どらえもん
木下季花


 誰かのお腹が鳴た。腹の虫が鳴いているのだろう。腹の虫とはなんだ。腹の中に虫など棲んでいるのか。いや、もし棲んでいるとしたら、それはかなり危ない虫だろう。サナダ虫的なやつだろう。だとしたら今この部屋にはサナダ虫を飼ている奴がいると言う事だ。誰だ。また鳴ている。サナダ虫め。いつまでも泣き止まない。というか、何か食えばいいのに。何で腹なんか鳴ていやがるんだ糞野郎。腹が鳴るなんて、なんとも見ともない奴なんだ。本当に、この世の中で最も下品な行為だと思う。腹が鳴ると言うのは。サナダ虫め。というか、ここはどこだ。何で私はここにいるんだ。ん……?そもそも私は何と言う名前の人間だけ? ちきしうめ。最悪だ。誰かが腹なんて鳴らすから私は記憶喪失になてしまたじないか。サナダ虫め。でもいい。どうせろくな記憶ではなかただろう。そんなものサナダ虫に食わせてしまえばいいのさ。またく。だが、まて、何か記憶の隅に引かかている気がするのだ。とあるキーワードが私の頭の片隅に引かかり続けている。なんだろう。これを真剣に取り出してみようじないか。えー……















 ドラえもんとは誰だ。サナダ虫のことか。おーい、ドラえもん。このキーワードがさきからずと私の頭に響き続けているのだ。もしかしたら私がドラえもんなのかもしれない。よろしい。じあ私がドラえもんだと仮定することにしよう。先ほどからちらりと



び  た

という単語の組み合わせが頭の中で踊ているが、これは無視しよう。のびたなど放ておけばいい。とりあえずはドラえもんとサナダ虫だ。ちきしう! サナダ虫! 一体サナダ虫とはなんだ。ドラえもんと何か関係があるのか。全く分からないことだらけだ。しかしわからないことだらけでありながらも、私は少しずつ前進している。思考によて確かに前進している。
 そこで、唐突に近くに女性がやてきた。そいつは私にこう問うのだ。
「すみません。お名前を記入ください」
 私はそこでドラえもんと書いた。しかし女性は私のことを猜疑心に溢れた目で見やがる。一体何だていうんだ。きとこの女はサナダ虫の手先か何かだろう。
 私がドラえもん以外であるはずがない。自信を持て私はドラえもんだと言える。私はそうして、当然名前を呼ばれて案内された扉の奥に入ていく。
 どうやら私はひどい事故で記憶を失ている男の子で、ドラえもんではないらしいね。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない