てきすとぽいトップページへ
第23回 てきすとぽい杯
 1  5  6 «〔 作品7 〕» 8  10 
ある少女たちの物語 ― 違うのは最初の“私”だけ
 投稿時刻 : 2014.11.15 23:44
 字数 : 3235
5
投票しない
ある少女たちの物語 ― 違うのは最初の“私”だけ
晴海まどか@「ギソウクラブ」発売中


 私が大園伊月の部屋に入たのは、彼女が死んでからだた。
 私の中にある伊月のイメージは、いつだてセーラー服姿だた。窓際の席に座り、吹き込んでくるゆるい風にセーラー服の襟をはためかせているような、そんなイメージ。
 彼女の視線は、窓の外か机の上のノートに向かていたように思う。今どき誰もがスマホを持ち歩いているようなこのご時世なのに、彼女は旧型のガラケーを使ていた。そんな彼女だから、ノートに手書きで小説を書いていても違和感はあまりなかた。
 クラスで浮き気味な彼女と、周りの空気を読んで読んで気を遣ているような私に接点なんて何もなかた。
 あの日、あのノートを見てしまうまでは。
 伊月の部屋は、一軒家の二階の角部屋。ベランダに面した窓が大きくて、レースのカーテンを透かした光がさんさんと降り注いでいて明るかた。カートは明るいピンク。ベドの枕元には白いウサギのぬいぐるみ。机の上は片づいていて、花柄のお菓子の缶にペンが立ててあた。想像してもいなかた女の子ぽい雰囲気に、私は初めて動揺した。彼女が死ななかたら、きと私はこんなこと、知らずに高校を卒業して、彼女のことなど二度と思い出さない人生を送ていたに違いない。
 ごゆくり、と伊月のお母さんに声をかけられ、私は会釈を返し、部屋を見返した。
 私は通された彼女の部屋でしばらく立ち尽くし、そして肩に提げていたトートバグからあのノートを取り出した。
 ピンク色の、花が散た柄の表紙。近所の雑貨屋さんでしか売ていないオリジナルのノートだそうだ。
 あの日の放課後。拾たこれを返す間もなく、彼女のあとを追うように伊月は学校の屋上から飛んだ。
 伊月はどうしてこんなものを書いていたんだろう。
 私はノートの表紙をめくた。
『ある少女の物語』
 そしてこの物語は、こんな書き出しで始まている。こんな一行で。

『私が七瀬香の部屋に入たのは、彼女が死んでからだた』

***

 私が七瀬香の部屋に入たのは、彼女が死んでからだた。
 私の中にある香のイメージは、いつだてヒマワリだた。明るく大きく花咲くように笑い、いつだて周囲に笑顔をふりまいていた。教室のすみで一人でいることが多い私とはあまりに対照的で、まるで光と影だた。
 そんな影の存在である私と彼女に接点などなかたのに。
 高校からほど近いところにあるマンシンが香の家だた。彼女から預かていたものがあると連絡すると、彼女のお母さんは快く私を彼女の部屋に通してくれた。
 さぱりした部屋だた。明るく女の子ぽい彼女とはあまりに印象が異なる。小さな窓が一つあるだけの、六畳ほどの部屋。きちりと整えられたベドカバーは薄いベー色。
 いつの間にか香のお母さんは廊下にいなくなていて、香の部屋の前で私は一人になた。
 シルダーグの中から、彼女のノートを取り出す。
 私と彼女は、何の偶然か同じ雑貨店のノートを使ていた。今年の四月に、お母さんがかわいいからと買てきてくれたものだ。私はそれを数学のノートに、彼女はそれを自作の小説を書くために使ていた。
 彼女が小説を書くだなんて知らなかた。私みたいな、いかにも読書が好きそうな日陰者ならともかく。それも学校で、手書きでノートに書いていたなんて。
 自分でも、イメージじないと思てたんだろうか。
 だから彼女は、ノートを見られたと知てあんなに怒たんだろうか。
 怒て、それで絶望して?
 この内容なら、私が怒るのが筋てものじないのか。
 表紙をめくた。丸い文字でタイトルが書いてある。
『大園伊月の物語』
 そしてこの物語は、こんな書き出しで始まている。タイトルと同じように私の名前を含む、こんな一行で。

『私が大園伊月が死んだと知たのは、みんなより少しだけ早かた』

***

 私が大園伊月が死んだと知たのは、みんなより少しだけ早かた。
 昔は学校から何か連絡事項がある場合の連絡網て電話だたらしいけど、今どきのそれはメーリングリストになている。便利なのねてお母さんが感心していたので逆に驚いたくらいだ。
『大園伊月さんが亡くなりました。詳細は明日、学校で説明会あります』
 そんなような文面だたと思う。思たよりも簡潔な文章だなと思た。
 メーリングリストが回た直後、ミナやハルカたち仲良しグループの子たちとやてるリンクスのメセージが飛んできて、途端に忙しくなた。みんな別に、伊月と仲がよかたわけじない。ただただ、『クラスメイトが死んだ』て事実に驚いていただけなんだと思う。
 私はメセージを送りつつ、深いため息をついた。
 本当に、伊月、死んじたんだ。
 私は部屋のすみに放てある学生鞄を見やた。そこには、同じお店で売ているノートが二冊入ている。ピンク色の表紙の、近所の雑貨屋さんでしか買えないノート。一冊は私の数学のノート、そしてもう一冊は伊月の小説が書いてあるノート。
 伊月は、いつだて教室のすみに一人でいるような子だた。
 別に、みんなだてハブにしたいわけじない。むしろ拒否されているのは私たちの方だた。彼女はたびたび、私たちをバカにしたような目でチラと見た。私はあんたたちとは違うレベルの人間なのよとでも言いたげに。
 その視線が、とにかく気に喰わなかたのだ。
 だから、同じノートを使ているのに気づいたとき。本当に嫌な気分になたのだ。お揃いなんて冗談じないと。
 だから、こそり彼女のノートを私は机から抜いた。
 なのに、彼女は私のその行為を知ていた。放課後、日直の当番で帰りが遅くなた私を彼女は待ていた。彼女はわざわざ人気のない四階の空き教室に私を呼び出して問い詰めた。なので、私は逆に問い詰めてやたのだ。
 どうしてそのノートに――小説に、私の名前が書かれているのかと。
 彼女は答えず、そのままもみ合う形になた。ベランダに出た。彼女の体が柵を越えた。
 彼女の体が落ちた先は、特別校舎に通ずる渡り廊下の屋根の上だた。石造りのそれは何の音も響かせず、黙て彼女の体を受け止めた。学校の中はまだまだ明るいのに、誰もそのことには気づいていなかた。
 私は駆けだして、学校を出て、人気がなくなてきたところでようやく足を止めた。バグに入れぱなしになていたノートを取り出して表紙をめくた。
 習字でも習ていたのかというような、とめはねのしかりした文字でタイトルが書かれている。
『七瀬香の未来の物語』
 そしてこの物語は、こんな書き出しで始まている。タイトルと同じように私の名前を含む、こんな一行で。

『私が七瀬香が死んだと知たのは、みんなより少しだけ早かた』

***

 私が七瀬香が死んだと知たのは、みんなより少しだけ早かた。
 それはそうだ。だて、七瀬香は私が殺したんだもの。
 でも、殺そうと思てたわけじない。彼女のノートを手にしてしまたのはたまたまだ。私と同じノートを使ている人がもう一人クラスにいただなんて、知らなかたのだもの。
 自分の数学のノートかと思て開いたそれは、手書きの小説だた。丸い文字がかわいらしく並んでいる。なのに、一行目を読んで目を丸くした。
 なぜか私の名前がある。
 そして、私は死んだことになている。
 ふざけんなよと思いつつ、でも今さきベランダから落ち、鈍い音を立てた香がどうなたかを確認する勇気はまだ持てないでいた。
 ベランダに座り込んだまま、私は震える手でノートの表紙をめくた。タイトルはこう。
『大園伊月の未来の物語』
 そしてもう何度読んだかわからない、その一行目をもう一度見る。
『私が大園伊月の部屋に入たのは、彼女が死んでからだた』

 空き教室から転がるように逃げ出して、昇降口に出た。
 クラスメイトの笹塚遥がいたが無視して駆け続けた。
 大園さん、と声をかけられて振り返る。
 落ちたノートが地面の上で広がていた。彼女はその場に静かにしがむと、静かにその文字を追ていた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない